糖尿病の自宅での運動方法と頻度と効果 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

糖尿病の自宅での運動方法と頻度と効果


スポンサードリンク
 

【糖尿病の自己管理(リハビリ運動療法の種類と頻度)】

①糖尿病治療の目的
身体活動により、耐糖能やインスリン作用機構を改善し、糖尿病をコントロールすること。

②糖尿病治療(ホームエクササイズ)/リハビリテーションの基本
・食事療法の励行
・薬物療法との調整
・病態に合わせた運動処方
・継続すること
・反復教育

③糖尿病の運動処方
運動の種類、運動強度、運動継続時間・実施時間、運動の頻度を個人のライフスタイルに合わせ て組み合わせて、継続可能な内容で処方する。
スポンサードリンク
(1)糖尿病を治す運動の種類
・いつでも、どこでも、誰にもできる。
・全身の筋肉をできるかぎり広範囲に使用する。
・筋肉にリズミカルな刺激を与える。
・運動強度の設定
・無理なく、楽しく、長く続けられる。

*この5項目を考慮して設定する。
例えば…歩行、ジョギング、サイクリング、縄跳び
過度の競争を避ければ、ゴルフ、テニス、水泳、スキー、スケート

(2)糖尿病の運動継続(トレーニング)効果
・運動の習慣的な継続は、呼吸循環器系、内分泌代謝系、筋骨格系、脳神経系などの機能に種種 の影響を及ぼす。
・呼吸・循環器系に影響を及ばさない程度の運動でも、代謝改善に有効であり、脂質代謝や過イ ンスリン血症に対する運動継続効果がある。
・適度な運動の継続が末梢のインスリン感受性を改善し、糖尿病の治療に有効である。

(3)糖尿病トレーニング効果の発現と消失
トレーニング効果の発現時期は、開始後約1ヶ月とされているが、1週間で効果がある場合もあ る。しかし運動を中止すれば3~4日、遅くとも10日で効果は消失する。

a.糖尿病の動的運動
・歩行は有酸素運動の基本であり、最もライフスタイルに取り込みやすい。歩行スピード、場所により、運動強度や持続時間が自由に設定できる。
・ジョギング、ランニングは運動強度を上げることが可能であるが、患者の運動能力を正しく 把握し処方しなければ、代謝を乱す危険性がある。
・水泳は、全身筋肉を使用するため最もよい有酸素運動と考えられるが、運動強度の設定が困 難であり、いつでも、どこでも、誰でもできるものではない。
・縄跳びは、手軽でどこでもできる反面、身体重心の持続的垂直運動が継続するため予想以上に運動強度が高く、負荷強度を一定に保つことは難しい。

b.糖尿病の体操
・全身の柔軟性・調節力を維持させるためには、四肢体幹全体の働きを含む体操がよい。体操は体作りの基本であり、あらゆる運動のウォーミングアップとクーリングダウンにも応用できる。(ラジオ体操、テレビ体操など身近なプログラムでよい)
・エアロビクス、ジャズダンスは、一般的には運動強度が高く、経験者や基礎体力の優れた物を除いて進められない。(最近では低強度のエアロビクスダンスもある。)

c.糖尿病の静的運動
・重心移動を伴わないもので、等尺性収縮が中心である。フリーウエイトを使用したウエイト・ トレーニングも含めて考慮したい。
・日頃使用しない筋肉組織の機能を向上させ、有酸素運動に必要な抗重力筋群を鍛えることも できる。

(4)糖尿病の運動時間と時間帯
・糖・脂質代謝改善が目的である場合は、少なくとも10分以上適切な強度の運動負荷が必要 ・消費エネルギーの充足を主目的とする場合は、代謝を悪化させないために、運動強度をあまり強くせず、運動時間を比較的長くする必要がある。疲労や日常生活の影響を考慮して主運動30分以上、1時間以内に納めることが適当。

・中等度の運動強度で有酸素的な運動を行った場合では、ウォーミングアップ、クーリングダウンの必要性を考えると、主運動となる有酸素運動は一回20分が適当と考えられる。

食後30~60分経過後、血糖値やインスリン値がピークに達したときに施行される事が勧められる
    →インスリン注射後などさらに運動を付加して低血糖にいたるのを回避するため。

・コントロールのよいⅡ型では、極端な空腹時や食事直後を避ければライフスタイルに取り込みやすい時間帯を指導するほうがコンプライアンスがよい。必要であれば、食前の補食も考慮する。
・Ⅰ型の場合はインスリン注射、食事時間を考慮して運動時間帯を厳格に守らなければならない。

(5)糖尿病の運動頻度
急性代謝効果は数時間~1日持続し、トレーニング効果は3~4日しか持続しない。よって、代謝改善を目的とした運動は、可能な限り1日2回、週3回以上実施すべきである。運動習慣が身につくまでは、週5回以上、ごく軽度の運動強度であれば毎日運動することが望ましい。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License