使いやすく便利な歩行器の種類と処方/選び方 ~レンタル?購入?~ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

使いやすく便利な歩行器の種類と処方/選び方 ~レンタル?購入?~

スポンサードリンク

廃用性症候群や脳梗塞・大腿骨頸部骨折など歩行が不安定となった患者さん、高齢者さんに 便利な介護福祉装具など、今回は歩行器/歩行車の説明します。

 

ポイントとしては、こちらです。

  • 歩く速度が早いか遅いか
  • 手が不自由かどうか
  • どこで使うか?家?屋外?

それによって使える歩行器の種類が異なってきますので、本人の状態に合わせてよく考えて下さい。

 

 

歩行器を使う方の評価

まずは歩行器をご使用になる方の状態です。 どの程度の歩行能力なのかが重要になってきます。

 

歩くのが遅い方・バランスが不安定な方・すごく早く歩いてしまう方は交互型歩行器を使う

極端に歩くのが遅い方は車輪が付いていない歩行器を使うほうが良いです。↓このようなタイプですね。車輪がついていると、そのまま転がってしまうので、あえて一歩一歩歩いて貰うっていうことになります。

スポンサードリンク

歩く早さが普通~少し早い方は車輪付きの歩行器

ある程度早く歩ける方は、車輪付きの歩行器がいいです。また、重心が前方で過剰に早く歩いてしまう方もこちらのほうが、スピードを制御できるので適しています。

4つ足ともに車輪のものだったり、前2つだけ車輪付き、後ろだけ車輪付きなどあるので、進みすぎると困るっていう患者や利用者さんに適しています。

 

脳梗塞などで片手が不自由な方

脳梗塞などで片手が自由に利かない方は、歩行車でも肘当てから腕が落ちそうになり、不安定になるので肘が落ちないタイプがいいでしょう。

後はブレーキ付きの歩行器がありますので、歩くスピードが早めの方は必要です。

 

②次は歩行器をご使用になる場所は室内?屋外?

使用場所は、家の中で使うのか?、施設で使うのか?はたまた屋外で使うかという問題です。

歩行器だと幅を取るので廊下が細い家などでは使えなかったりします。それよりも段差が多いと車輪付きのものは使えないです。

 

バリアフリーの施設が殆どですがご自宅などでは、古い家屋構造の場合は困難な場合が多いと思います。その場合は 使いやすく便利な杖・ステッキを併用したりします。

 

買い物などの外出を想定している場合、上記のタイプの歩行器ではなく下記のような シルバーカー タイプの物がいいでしょう。

シルバーカーは座れるタイプのものなどもありますよ!

その他の歩行器選びはこちら★

スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License