新型インフルエンザの感染予防方法とガイドライン - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

新型インフルエンザの感染予防方法とガイドライン


スポンサードリンク

最終在庫処分【花粉症対策】【レビューを書いて50枚増量!100枚円】

新型インフルエンザニュースが世間を騒がせているので、ここでも情報を発信致します。
新型インフルエンザについて、どのような症状があるのか?予防方法は?
医療機関の受診方法は?、相談窓口は?、治療方法は?
予防マスクの効果やタミフルは?、関連資料は? などなど。

■新型インフルエンザの予防方法
・冬服など、繊維が細かい衣類等を着ている時は、手やブラシではらう
・人が多いところは避ける(特に大病院など)
・咳をしない、咳をするなら手で口をふさぐかマスクをする
・手をこまめに洗う
・タミフルなどのは指示通り摂取する
・水分補給と十分な睡眠を心がける

<同居される方>
・患者の看護をしたあとなど、手をこまめに洗う
・可能なら患者と別の部屋で過す
・マスクの感染予防効果は限定的ですが、なるべくマスクを着用する

現状では、『手洗いとうがい』以外は予防方法はありません。
実際の所、あまり表に出て来ない情報ですが、
マスクの着用は感染予防というよりは感染拡大防止、です。。
スポンサードリンク

■新型インフルエンザに感染したら
【都道府県による新型インフルエンザ相談窓口】

・発熱患者の診療をしている医療機関がどこにあるかわからない方
     保健所などに設置されている発熱相談センターに電話する
・発熱患者の診療をしている近隣の医療機関がわかっている方
    発熱患者の診療をしている医療機関に電話をして対応を聞く。
・慢性疾患などがあってかかりつけの医師がいる方
     かかりつけの医師に電話をして、受診時間などを聞きましょう。
・妊娠している方
     かかりつけの産科医師に電話をして、受診する医療機関の紹介を受けましょう。産科医師が紹介先の医師にあなたの診療情報を提供することがあります。
・呼吸が苦しい、意識がもうろうとしているなど症状が重い方
     早く医療機関を受診しましょう。必要なら救急車ぶ

医療機関を受診する前に、必ず電話で連絡をし、受診時間や入り口等を確認してください。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License