病態無関心の特徴と定義 ~病態失認の関連障害~ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

病態無関心の特徴と定義 ~病態失認の関連障害~


スポンサードリンク
 
この本を参考にしました   高次脳機能障害学  失語症の訓練教材

★是非、ご覧下さい★ +++高次脳機能障害の一覧(もくじ)+++

病態失認と同時もしくは独立して起こりえるが、それぞれの呼び方や定義が定まっていず、本質は不明な点が多い関連症状をあげる。

■病態無関心(anosodiaphoria)の特徴と定義
病態失認は、言語性に片麻痺の存在を否定するものである。

しかし、上下肢の麻痺に対する言語性の表現と行動面での態度は解離しえる。「動く」といいながら両手がうまく使えなかったり、歩けないことがわかっている場合と、「動かない」とはいうものの「立てば歩ける」といったり、麻痺に対して無関心であったりする。このうち、麻痺の存在を認めはするが、その重大さに無関心な状態を病態無関心という。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License