視覚失認の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

視覚失認の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ)


スポンサードリンク
★是非、ご覧下さい★ +++高次脳機能障害の一覧(もくじ)+++

視覚失認(visual agnosia)の症状/特徴と定義

視覚失認とは、視覚性に示された物品の認知障害であり、触覚などの感覚を通しての認知 は保たれている障害である。

その定義は物品の認知に十分な視力・視野が保たれているにもかかわらず、物品を見て何 であるかがわからない状態であり、呼称することも高等や身振りで使用法を説明すること も出来ない状態である。

視覚失認はLissauerの古典的分類に従えば統覚型と連合型に大別される。
「統覚型視覚失認」は、視知覚上方からの物品としてのイメージを脳内に再現するまでの段階の処理障害と考えらえられている。
「連合型視覚失認」は、形成された物品のイメージと意味に関する知識・記憶との連合障害と考えられている。
この「統覚型視覚失認」と連合型視覚失認」を合わせて、「大脳性統覚型視覚失認」」とも言われている。
スポンサードリンク

視覚失認の障害病巣

統覚型と連合型視覚失認で障害病巣が異なる報告がある。

連合型視覚失認は、両側大脳病巣、左半球病巣で起こる場合がある。左後大脳動脈領域梗塞による障害が大半であり、病巣はかなり均一である。
左半球には物品に関する意味記憶の機能があるとされており、左 半球病巣の場合は、損傷部位が同様であっても連合型視覚失認もしくは視覚失語になる場合がある。ただし、右半球にも意味記憶能力が左よりも劣っているが存在しているといわれている。
統覚型視覚失認は一酸化炭素中毒、両側後大脳動脈領域の脳梗塞で起こる。

視覚失認の評価(検査/テスト)


(1)標準視知覚検査

総合的なスクリーニングテストとしては、標準視知覚検査があるが、軽症の場合や障害検出や発言機序の追及のためには、必要に応じて検査を作成・追加することが望ましい。ここでは重要なテストについて述べることにする。

(2)視覚失認の基本的視覚機能検査

①物品呼称
視力検査としてランドルト環、E視標など読み以外で反応する指標を用いる必要がある。 視野検査は胎座方に加えて量的視野測定を行っておくと良い。

・視覚失認の物品の認知に関する評価(検査/テスト)
視覚性呼称
実物、物品の写真などを見せて呼称させる。この時、手で触れないように注意が必要であり、同一物品を全ての呈示条件で用意するのが望ましい。

触覚性呼称:
目隠しや目を閉じた状態で、実物を手にも足せて触覚性に呼称できるのかを調べる。

聴覚的呼称
物品の出す典型的な音を聞かせて呼称できることを確認する。

言語性定義に対する呼称
物品の言語性定義を聞かせて呼称できるか確認する。
例えば、「髪の毛をとかすときに使うものは何ですか?」など

②名称からの物品の選択
名称に対する物品を実物、写真、または線画の選択枝の中から選ばせる。一般的に視覚性呼称折も易しいが、視覚失認、視覚失語いずれでも可能な場合と症がされている場合がある。

③物品の意味に関する身振りによる表現
金槌を触らずに視覚呈示して、使用方法の身振りを行わせる。この時、呼称や言語反応をするとそれに対応した身振りとなることがあるので、黙って身振りをさせる方が良い。
これができないからといって失行による行為障害の可能性があるの注意を要する。

④カテゴリー分類
道具の写真を用途によって、あるいは動物の写真を一定のレベルの主によって分類させる。視覚失認ではカテゴリー分類に障害があるが、視覚失語では障害されない。


(3)形態の知覚に関する検査

①絵・図形の模写、②単純の幾何学図形の識別、③物品の形態的識別

(4)物品以外の視覚認知に関する検査

①文字の認識、②相貌失認と地誌的見当識の有無の確認


臨床的な視覚失認の問題点とリハビリテーション(対応/対処・アプローチ)


視覚失認は統覚型、連合型いずれであっても、実物の視覚性失認が線画や写真よりも容易である。したがい、線画、写真の認知障害を示しても日常ではそれほど困難を生じない事がある。しかし、実物でも認知が困難な場合や認知書に時間がかかる場合には問題である。この場合は、物品を様々な角度から観察したうえで、手にとって触覚性認知も加えて対象を認知する。脳血管障害発祥又は外傷受傷後の経過という観点から見れば、急性期の視力・しやしょうがいから視覚失認に移行することが多い。

また、統覚型を経て連合型視覚失認に変化する場合や連合型失認から資格失語に変化する場合もある。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License