高齢者/老人の大腿骨頸部骨折が治りにくい理由(予後)と分類 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

高齢者/老人の大腿骨頸部骨折が治りにくい理由(予後)と分類


スポンサードリンク
①大腿深動脈
②大腿浅動脈
③外側回旋動脈
④内側回旋動脈
⑤下被膜動脈
⑥上被膜動脈
⑦上骨幹端動脈
⑧上骨端動脈
⑨大腿骨頭靱帯動脈
⑩下骨端動脈

大腿骨頸部骨折も外側骨折や内側骨折、拡大して言えば転子部骨折などがあります。
その中でも大腿骨頸部内側骨折が治りにくい理由を挙げたいと思います。
これが原因で寝たきり老人になる確率は思った以上に高いですよ。。。。<ご家族様

【大腿骨頸部骨折が治りにくい理由(予後)】
・頚部骨折のなかでも純関節包内骨折を大腿骨頚部内側骨折という
・骨折線の位置によりさらに分類 → 骨頭下骨折、中間部骨折
・骨粗鬆症を有する高齢者に多発し、最も癒合し難い骨折

スポンサードリンク
●骨癒合の悪い理由
①関節包内骨折なので骨折部に外骨膜がない為に骨膜性化骨が形成されず、また滑液が骨折部に流入して骨癒合が障害される

②大腿骨骨頭部への血行は、主として頚部側から供給されているので、骨折によりこの血行が絶たれると骨頭側は阻血状態となるので骨折治癒能は頚部側のみとなるが、成長期に末梢からの供給に依存するので、供給量は少ない。

③骨折線は垂直方向に走り易いので両骨片に剪断力が作用する。したがって骨片は離解して骨癒合が阻害される。

④高齢者に多発するので、骨再生能力が低下している(骨粗しょう症、骨密度の低下)

⑤土台となる筋力の萎縮や持久力の低下が根底にある

【大腿骨頸部骨折の臨床的分類】
・末梢骨片と中枢骨片との位置関係から、内転骨折と外転骨折とに区別する
・発生機転の差によるものでなく、いずれも同じ受傷機転すなわち、下肢に外旋力が作用した結果で転位の差によるもの

①内転骨折
・大腿軸が骨頭に対して内転位をとるもの
・過半数の内側骨折はこれに属する
・骨折部:内後方開の屈曲をなす = 内反股形成
・末梢端:上昇、かつ外旋
・骨頭:外転位(時には、全く逆転して骨折面が上方を向くものがある)
・内転骨折において骨片の楔合するものは少ない

②外転骨折
・稀の起こる(20%)
・骨折部:外前方開の軽い屈曲をなす=外反股形成
・骨片:しばしば緊密に楔合する(嵌入骨折の型となりやすい)
・治癒し易い(嵌入型になるため)

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License