変形性膝関節症(OA)の特徴(発祥原因・発症年齢)と分類 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

変形性膝関節症(OA)の特徴(発祥原因・発症年齢)と分類


スポンサードリンク
スポーツ障害や外傷がメインではない高齢者が多く通われる病院などでは、恐らく最も多い診断となる変形性関節症、今回は膝の関節症についてまにあっくに記載しますよ!

【変形性膝関節症の初期の訴えと症状 ~概要~】
膝関節の「硬ばる感じ」を初徴とするものが多く、「長く正座したりあぐらをかいた後」に立ち上がったときに疼痛や膝が伸び難いことを訴える事が多いです。通常、座位から立ち上がるときの疼痛は起立によっていったん消失しますが、長時間の起立歩行により再び疼痛が起ここります!

疼痛は膝関節の内側あるいは膝蓋骨(いわゆるおさら)の周辺にあり、膝窩部(膝裏)に緊張感を訴える場合もあります。階段や坂道の昇降時にも疼痛を感じます。初期には関節可動域はあまり侵されない場合が殆どですが、正座がしにくい状態が多く見られます。 圧痛は内側関節裂隙,大腿骨内側顆関節面辺縁にある。関節包は肥厚し,しばしば関節内に滲出液を認め,膝蓋跳動を証明できる。
スポンサードリンク
・変形性膝関節症は加齢に伴い細胞活性の低下、特に軟部組織の変性を基盤に軟骨の摩擦損傷が生じることにより起こるとされています。

・老化現象として考えられてきた一次性関節症が最も多い

・高齢者(60歳以降)に多くみられる

・肥満による荷重負荷の増加も一つの素因といえるが、肥満が存在しなくても本症が発症することから姿勢や動作による機械的ストレスもその発症に関与していると考えられる

・脊柱は老化により構造的にも形態的にも大きく変化し姿勢(骨盤の後傾、挙上)に影響を及ぼす。それにより体幹を支持している下肢への負担も変化させ、脊柱全体の後弯増強(円背)により重心は後方へと移動し、下肢伸展機構での負担増加が余儀なくされる

・末期には関節軟骨は石灰化し膝屈伸で雑音を伴う疼痛の出現、起立時痛を生じるようになり、家庭内でのつかまり立ちもやっとの状態となり、さらには車椅子生活に至る。

・男女比→男:女=1:4

・50歳ころの発症が多い(外来通院患者では60歳代が最も多い)

【変形性膝関節症原因】
●一次性関節症
・老化現象と言われていますが、正確には原因不明のものです。

●二次性関節症
・骨性因子(下腿の内捻、内反膝、股関節や足関節・足部の機能不全)
・膝関節の外傷などによる軟部組織的因子(半月損傷や靭帯損傷による不安定膝)

変形性膝関節症の治療方法とかは、次の「変形性膝関節症の症状① ~痛み・変形・可動域制限・筋力低下~」か、下記の関連記事をお読みくださいね音符

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License