変形性膝関節症で手術したくない!保存的治療のリハビリ・運動・注射など - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

変形性膝関節症で手術したくない!保存的治療のリハビリ・運動・注射など

スポンサードリンク

高齢者患者に圧倒的に多い変形性膝関節症の保存的療法は、基本的にはリハビリ(理学療法)と鎮痛剤による痛みの軽減と関節内注射の薬物による痛みの緩和が主体となってきます。

医者に手術を勧められたけどしたくない…っていう方のためにも、一般の方にもわかりやすく解説していきます。

 

なぜ、医者に手術を勧められる人や適応しないと言われるのか?

人によってはオペをした方がいいよと言われたり、言われなかったりする場合があります。

それはなぜでしょうか?

 

手術をしない・すすめない場合

変形性膝関節症(膝OA)の治療の主体は保存療法であり、単に経過を観察するわけではなく、膝関節症の危険因子や手術所見を十分に認識した上で指導し、膝関節症の自然経過の進行を遅らせることを目的としています。ということなんです。

 

患者の年齢/状態や本人の希望の強さなどを考慮した上で手術をするかどうかが決定されます。

オペをしないと日常生活に著しい障害が生じると思われる場合でも、本人が希望しないものであればopeは行わないのが、現在の流れです。

 

患者さんのほとんどが手術をしたら痛みが治るとか、変形が治るとか思ってしまっているんですが違います。

痛みが取れない場合も多いですし、変形性膝関節症の痛み自体は取れたとしても、手術で皮膚・筋肉・骨の損傷が起こるので、そのマイナス面を考慮していないんですね、ほとんどの場合。

また、変形自体も人工骨頭などを入れればO脚などは良くなる場合が多いですが、これまた医師全員が手術がうまいわけではないので、変形したまま、またはもっとひどいことになる場合もあります@あってはならないんですが。

患者の年齢/状態や本人の希望等を考慮した上で手術をするかどうかが決定されます。

オペをしないと日常生活に著しい障害が生じると思われる場合でも、本人が希望しないものであればopeは行わないのが、現在の流れです。

 

ですので、医者に強く言われても、嫌なものは断りましょう!
利益目的のや●医者が多いですよ。(特に中堅個人病院)

スポンサードリンク

手術を進められる場合

手術をした方がいいと言われる場合は、痛みや変形が激しくて日常生活に大きな支障が出ている方です。痛みが強くて歩けない、長い距離を歩けない、階段が登れない、買い物に行けないなど。

 

それに加えて、手術に耐えられる身体機能であるかということが大きなポイントです。

内科的なオペでなければ、体力など体の負担は少ないですが、少ないといっても炎症は起こりますし、高齢者となればなおさら寝たきりになるリスクも出てくるわけです。

あとはお金目的でバンバン手術をする病院もあるので、総合病院の医者など、直接利益にかかわらない医者にやってもらう方が吉かもしれません。

 

 

変形性膝関節症の保存的治療方法

保存療法では膝関節症の危険因子や手術所見を十分に認識した上で指導すると、膝関節症の自然経過を遅らせ,症状を軽減させることに効果的です。

 

変形性膝関節症のリハビリテーション

変形性膝関節症のりはびりについて少しだけ。

リハビリをする以前に、激しい疼痛、熱感など強い炎症症状のときにはまず『安静、免荷』が大切であるが、必要以上の安静は筋萎縮や拘縮をまねき、関節方の癒着、拘縮など関節そのものにかえって悪い結果をもたらせるので注意が必要です。

つまり、赤く腫れ上がっていたい時はおとなしくしていないとダメだけど、そればっかりだと関節も固くなってしまうし、筋肉もやせ細ってきちゃうので注意しましょうっていうことです。

状態が悪い時にやってもいいのは自動運動のみで、体重がかかる歩行や階段昇降等は関節や筋肉への負担が大きいのでやってはいけません

それは手術をした場合もしなかった場合も同じ禁忌事項です。

参考記事:変形性膝関節症の観血的治療

 

次いで、積極的に膝周辺の筋力強化で筋肉サポーターを作り、膝関節を安定化させることを行います。高齢者には臥位での訓練が適しているとしている文献が殆どですが、臨床的には立位での訓練の方が最も有効で実用的です。

臥位での訓練方法を、一応記載しておきます(以後の記事で詳しく記載してますので、関連記事をご覧ください。

まず、抑臥位で膝関節を十分に伸展させたままで下肢全体を重力に抗して挙上させます。straight leg raise、略してSLR訓練といいます。

同時に股関節周辺の筋力強化によって歩容の安定と歩行時の下肢の垂直化を図ることなどが重要です。

Straight_leg_raise_exercise.jpg 

固定された自転車漕ぎは、体重がサドルでは全て支えられるために自転車漕ぎ訓練中に膝関節に加わる負担が少なくてよい方法と言えます。 ハムストリングス(膝裏の筋肉)が緊張していると膝関節の伸展に際して大腿四頭筋に余分な力が必要となり、その結果、膝蓋大腿関節に加わる過度の負担が疼痛の原因となるので、ストレッチ体操も奨められる。

 

関節可動域訓練のひとつである筋肉のストレッチを推進するリハビリ職の方も多いですが、基本的に効果はありません。

その理由は固くなるのは筋肉ではなくって、関節構成体そのものだからです。やるのであれば、関節包(または靭帯)を選択的に引き伸ばすことですが、これができる技術を持ったセラピストはあまりいません。

 

更にOAが進行すると十字靭帯に存在する固有感覚受容器(痛み等の感覚を感じるセンサー)も萎縮するため、神経‐運動器協調機能の再教育訓練も大切となってくるが、その方法は難しく時間を要する。

 

痛み止めなどの投薬・関節内注射について

薬物療法(抗炎症療法)と並行して、軽度の運動は行うべきであり、廃用症候群を防がねばならない。

疼痛を抑えるために抗炎症薬を投与することは、勿論有用であるが同時に「正座を避ける」、「杖を突く(患肢に加わる負荷が30%前後減少する)」、「速歩ではなく一歩一歩緩やかに歩く」などの日常生活上での指導が大切となってきます。

 

ヒアルロン酸などの関節内注射を行う場合が多いですが、あまり効き目はない方が多いです。全く効かないという患者さんが多いですね。個人的にはプラセボ効果的なものだと思っています。

 

薬や注射でも同じことが言えるんですが、よくテレビCMでやっているヒアルロン酸、コンドロイチン、コラーゲン、グルコサミンなどの成分をうたったサプリメントの効果はゼロです

だって、その成分は関節にいくことはありませんから。効いたっていうひとがいたら、上記のプラセボ効果です。

 

以上になります。

他の詳しい項目などは関連記事をどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License