介護保険では疾患別リハの単位数は含めない/カウントしない - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

介護保険では疾患別リハの単位数は含めない/カウントしない


スポンサードリンク
平成21年11月17日東京で関東信越厚生局 (東京事務所)主催の講習会が行われ参加しました。新たな情報として従事者が算定できる単位数条件について介護保険リハの取り扱いについてが明らかにされました。医療保険では医療従事者に対して基本18単位一週間で108単位、一日最大24単位と規定があります。その際に、介護保険や自費でリハビリを行っている場合どのようにカウントされるかグレーな部分がありました。

■質問
疾患別リハビリテーション料の理学療法士や作業療法士などの従事者の単位数は医療保険適応の患者のみでなく、介護保険適応の患者や自費の患者などを含めて単位数をカウントするのか?

■回答
疾患別リハビリテーションの従事者一人当たりの上限単位数は健康保険法の規定のため介護保険適応の患者や自費の患者への実施単位数は含める必要がない。
引用:PT-OT NET


これはまじですか?
医療保険の来患者/院患者、介護保険下のデイケアを全てこなす私としては、収益を伸ばせるってことじゃないの!?!?!?!?!?!?!?
スポンサードリンク
医療と介護の両方をこなす現在の多忙な業務。 勤務時間を越えても上限の24単位を超えて、入院患者さんなどのリハビリを行っているのが現状でした。その他にもちろんカルテ記入から実施計画書作製、会議資料作製などもありますよね。。

ぶっちゃけた話、24単位を超えてリハビリテーションを行っていたという事は、一部の患者さんにとっては『リハビリテーション自体がサービス、無料、タダ』だったわけです。。

まあ、何かの足しになっていたり、人のためになっていると考えればいいんですけども、私は『仕事としてリハビリを行っている』のであって、ボランティアではありません。 ボランティアをしたかったら休日に行います。

なのでですね、正直サービスでリハビリを行うこと自体に疑問やストレスを感じていたわけですよね。元々、商学部出身なのでお金のやり取りにはかなりシビアですから。

なので、これが本当で地域ルールとかいうものを除外すれば、経営サイドに強く訴えることができますし、何よりストレスを貯めずにリハビリを行える気がします。^o^

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License