都道府県・社会保険事務局による集団指導/個別指導/調査の内容 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

都道府県・社会保険事務局による集団指導/個別指導/調査の内容


スポンサードリンク

⇒【知っておきたい医療監視・指導の実際】など監査・集団指導の書籍(楽天)

こんにちは、さすらいの監査員です^^前回の続きです。
『厚労省(各厚生局等)・都道府県・社会保険事務局による指導』
指導調査や集団的個別指導&集団指導&個別指導(共同指導と特定共同指導)
について。 おおまかにはこんな感じでっすっ。
スポンサードリンク
●個別指導
診療報酬の自主返還という経済措置が取られる可能性を伴う指導で、一定の場所に集めて、またはその保険医療機関に出向いて個別面接方式で行う。

●集団指導
新規開設時、保険医新規登録時、指定更新時、診療報酬改定時などに、保険医療機関・保険医等を一定の場所に集めて講習会形式で行われる。

●集団的個別指導
類型区分 (病院は一般、精神、老人、大学等の4区分で、診療所は11の診療科ごと) 別の1件当たりレセプトが高点数 [点数が都道府県平均よりも高い医療機関 (病院は1.1倍以上,診療所は1.2倍以上) のうち、上位8%に相当するもの] の医療機関を対象に、集団講習会方式および個別に面接懇談方式により、平均点数が高いことを認識させ、適正な保険診療を行うための教育的観点からの指導を行う。

●指導調査
病院やクリニックについて、医療安全管理体制・院内感染対策のための体制・医薬品に係る安全管理体制、医療機器に係る安全管理体制等の確認、指導を行う。

それでですね、監査ではなく『集団指導/指導調査・監視』といわれるものは、事前に当日にこの「参考資料」を用意しといてね~~~、って連絡がきているはずなので基本的にはそれをきっちり用意しておけば基本的には良いです。

事前に書類提出を求められている書類等がある場合があります。カンファレンス資料とか会議の議事録等。それを事前に提出し、それに附随した内容を質問されることが多いですね。

例えば、カンファレンス資料でAさんの内容があれば、Aさんの診察&リハビリ診療録(カルテ)内容、時間記入や必要書類等。レセプトまでは余り見ないようですが、ないとは言い切れませんが。。拡大解釈すれば、他の患者さん等も数~10部程度用意した方が良いでしょうが、無作為に取られたら怖いですよね。。 つまりは普段からちゃんとしておきましょう、ってことなんですが。。

なので提出する場合は、単独の部署が作った書類ではなく、その書類に関わる人間に目を通してもらって提出する方が無難でしょう。

ただし!!これは『集団指導/指導調査・監視』であって、
『個別指導』は該当しません!! (上記を参照)

個別指導の場合は、監査一歩手前という段階で
「診療報酬の自主返還という経済措置が取られる可能性を伴う指導」です。
1日がかりもしくは数日かける場合もあるでしょう。
事前の準備をしてもあらゆる所のあらゆる箇所を見てきます。

あと、注目点としてじっちゃんの名にかけて推測するとですね、
『指導・監視』(立ち入り検査も含む)の実施日時にご注目。

基本的には昼1~2時から1時間半~2時間です。
これが午前中とか数日にわたって行われるようであれば、
要注意の『指導(多分、個別指導)』だと思われますので、心して準備してください。

皆さんのお勤めの施設は大丈夫ですか?部署間の連携とか。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License