肩関節周囲炎(四十方・五十肩)の臨床症状と可動域制限 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

肩関節周囲炎(四十方・五十肩)の臨床症状と可動域制限


スポンサードリンク
こんにちは、サスライの理学療法士です。
サスライって名乗っていますが、どーゆー意味なんでしょうか。。。
わかっていません。←バカw

さて、今日は中途半端になっているいわゆる五十肩についてですよ~~~。

■肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の主な臨床症状
・主症状は、有痛性の関節拘縮
・疼痛は夜間痛と運動痛とあることが特徴
・肩だけでなく頸部、上腕に放散痛があることもある。

徐々に発病し、上腕などに放散する痛み、寒冷時や夜間に痛みが強くなるという訴えが多いが、ある日突然、肩が上がらなくなるという場合も多い。

注意しなければならないのは、『肩関節周囲炎』と診断されていても、数%の方は『肩関節腱板損傷』と誤診されている、もしくは腱板損傷に移行している場合も多い気がしますので注意が必要ですよ・・・。

■肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の運動制限(可動域制限/拘縮部位)
運動の制限はあらゆる方向に制限されるが、外転(腕を外に挙げる)と痛みが強くなる、外旋(腕を外側に回す)場合に特に多く、この動きの改善が最も難しく治癒には長期間を要する。

臨床的には 拘縮が起こる部位としては、前回の記事で記載した所に問題が起こることが多いように感じます。
私の見解では、鳥口上腕靭帯、関節包の前上部に圧痛や硬化を触察出来る場合が多いように思います。
スポンサードリンク
●痛みを訴える日常生活動作(ADL動作)
・夜、痛みで目が覚める
・髪をとく
・下着(ブラジャーなど)を付ける/取る
・高さの合わない机での長時間のデスクワーク
・洗濯物を干せない
・鍵をかけるときに痛みが出る
・ベルトなどを締める

■肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の病期と治癒過程
①急性期(疼痛性痙縮期)(FREEZING期)
②慢性期(拘縮期)(FROZEN期)
③回復期(緩解期)(THAWING期)

詳細については下記の関連記事をご覧ください。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License