脳梗塞の病的共同運動パターンと連合反応、脊髄反射異常 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

脳梗塞の病的共同運動パターンと連合反応、脊髄反射異常


スポンサードリンク
DSCF1755.jpg

こんばんは、PCを新調してウッハウハッ(;´Д`)ハァハァなさすらいですきゃーwww
キーボードもマウスも初のコードレス。気持ちいいっ

さて、こちらの脳溢血の概要の続きで、脳梗塞片麻痺での病的運動パターンですが、よく共同運動とは異常なもの、とされていますがそうではありませんよリハビリ職種、医師の皆様!?

定義としては
①単一の運動を他の運動と無関係に独立して行うことができず、常に他と共同して、しかもある定まったパターンにしたがって、その一部としてしか行うことができない状態。つまり、運動を共同してしか行えない状態。

注目すべきは2つめですね、はい。
②正常な動作で各種の筋活動が強調してスムーズに行われること(協調運動)が共同運動と呼ばれることがある。

というところですね。
①は原始的、あるいは異常共同運動と呼ぶべきだよー、っとも書いてありますので、
皆様、共同運動=異常なものとは思い込まないようにしてくだされっ。

【病的異常共同運動パターン】
        屈曲パターン    ┃伸展パターン

肩甲帯 ┃挙上・後退       前方突出
肩関節 ┃屈曲・外転・外旋   伸展・内転・内旋
肘関節 ┃屈曲          伸展
前腕   ┃回外          回内
手関節 ┃(掌屈)        (背屈)
手指   ┃(屈曲)        (伸展)      ※ 手関節と手指は個人差が大きい

股関節 ┃屈曲・外転・外旋   伸展・内転・内旋
膝関節 ┃ 屈曲         伸展
足関節 ┃背屈・内反       底屈・内反
足趾   ┃伸展(背屈)      屈曲       ※ 内反はどちらでも起こる
                    (底屈、clawing)  ※ でも母趾は背屈することがある

ついで、連合反応(associated reaction)とは
中枢性の麻痺に現れる原始的運動反応で体の一部の筋に強い力を働かせると、他の部分に筋収縮または運動が誘発されること。
スポンサードリンク
【連合反応】
1.対側性連合反応
 A.上肢(対称性)
    ・健肢の屈曲 ⇒ 患肢の屈曲
    ・健肢の伸展 ⇒ 患肢の伸展
 B.下肢
    ①内外転・内外旋については対称性
      ・健肢の内転 ⇒ 患肢の内転(and内旋)
      ・健肢の外転 ⇒ 患肢の外転(and外旋)     ②屈伸に関しては相反性
      ・健肢の屈曲 ⇒ 患肢の伸展
      ・健肢の伸展 ⇒ 患肢の屈曲
2.同側性連合反応(主に同種)
   ・上肢の屈曲 ⇒ 下肢の屈曲
   ・下肢の伸展 ⇒ 上肢の伸展 など

専門でなければわかりにくいかもしれませんが、説明すると簡単です。
上肢(対称性)の健肢の屈曲⇒ 患肢の屈曲
というのは、麻痺していない方を前に上げると麻痺している側にも
同様の運動が起こるということです。

下肢の対称性の健肢の内転 ⇒ 患肢の内転というのは、健常人でも
股に物を挟んで力を入れると両方とも内側に力が自然に入ってしまうでしょう?
そんなイメージでいいと思います。

【脳梗塞の異常脊髄反射】
脊髄反射とは、脊髄に反射中枢がある反射の総称で、体性反射と内臓反射に大別できるもので、 生後間もない赤ちゃんや小児には通常見られるもので、自然に消失する。
脳梗塞の場合は異常所見として、現れるものです。(追って詳しく記載します。)

1.緊張性頸反射(TNR):上部頸髄-脳幹レベル
 1)非対称性緊張性頸反射(ATNR)
     ・頸部の捻転 ⇒ 顔の向いた側の上下肢の伸筋優位、反対側の屈筋優位
 2)対称性緊張性頸反射(STNR)
    ①頸の屈曲 ⇒ 上肢屈筋優位、下肢屈筋優位
    ②頸の伸展 ⇒ 上肢伸筋優位、下肢屈伸優位
2.緊張性迷路反射(TLR):脳幹レベル
   ①背臥位 ⇒ 上下肢伸筋優位
   ②腹臥位 ⇒ 上下肢屈筋優位
3.緊張性腰反射(tonic lumbar reflex)    ・上半身を右に捻転した時・・・①右 ⇒ 上肢屈筋優位、下肢伸筋優位
               ・・・②左 ⇒ 上肢伸筋優位、下肢屈筋優位


以上の反応は、「異常なもの」として出現させないようなアプローチをする場合が多いですが、麻痺などで全く使えない腕や足となった場合は、それを利用するというアプローチをする場合もあります。
次は具体的なリハビリ方法を

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License