脳こうそくの立位バランスや階段昇降訓練への準備練習 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

脳こうそくの立位バランスや階段昇降訓練への準備練習


スポンサードリンク
コマネチわっ!!!国試の勉強していますか? さすらいのりがくりょうほうしです。
ドンドンいくよ! 【脳梗塞リハの立ち上がり訓練(起立動作)のやり】もお読みくださいね^^

6.立位保持基本動作(立位バランス)
・起立が可能になれば立位バランスの訓練も並行して始める

1)平行棒内立位バランス
・健手を平行棒より離し、頭をかかせたり、万歳をさせたりする
・下肢を左右に開き、患脚に体重を掛けて患側へ身体を傾ける(健脚でも行う)
・下肢を前後に開き、体重を前後に交互に掛ける
・患脚を前後に交互に踏み出し、体重を掛ける(健脚でも行う)
・患脚への体重負荷を増すと、支持性を得るために膝を過伸展し、足関節底屈位、股関節屈曲位で骨盤後退を伴った姿勢となることがあり、骨盤を正しい位置に誘導すると膝折れがみられる

2)ベッドサイドステップ踏み越し (図20)
・立位バランスが出来るようになった時点で、自主訓練として行う
・ベッドサイドでベッド枠か、廊下で手すりを掴んで、ステップ踏み越しを行う
・バランス訓練、患脚筋力増強、歩行準備動作も兼ねる

図20 ベッドサイドステップ踏み越し (クリックすると大きくなります!)
20.jpg
スポンサードリンク
3)階段ステップ踏み越し (図21)
・車椅子で施設内の階段まで移動し、自主訓練として行う

図21 階段ステップ踏み越し(クリックすると大きくなります!)
21.jpg
  
4)階段昇降訓練
・片麻痺の早期プログラムに、起立・階段昇降訓練は実行しやすく効果的である

・歩行準備訓練として行い、平地歩行より心理的な安心感があること、体幹・下肢の筋力・協調性・可動域の改善に役立ち、循環・呼吸器系障害の漸増運動訓練(graded exercise)にもなる

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License