激しい腰痛と足のしびれの原因 椎間板ヘルニアの鑑別検査/テスト一覧 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

激しい腰痛と足のしびれの原因 椎間板ヘルニアの鑑別検査/テスト一覧


スポンサードリンク
強い痛みを伴ってもそれがヘルニアだとは限りません。
薬で鎮痛効果を狙うのもいいですが、まずは適正な判断をされてはどうでしょうか!?
一応、検査一覧をあげてみますよっ。
殆どがSLRテストの変法といえるでしょうねっ。

5.腰椎椎間板ヘルニアの判別検査/テスト一覧所見

【下肢伸展挙上テスト(SLRテスト・ラセーグ徴候)】
正常では70°以上まで疼痛なしに挙上可能であるが、70°未満の角度で坐骨神経に沿った疼痛が誘発され
た場合を陽性とする。陽性の場合、L4-5、L5-S1椎間板ヘルニアが強く疑われる。

herunia3.jpg
【ブラガードテスト(Bragard sign)】
SLR陽性にて疼痛誘発後、軽度下肢を下降させ疼痛消失させた後、足関節を背屈させると同様に坐骨神経に沿った疼痛が誘発された場合を陽性とする。
スポンサードリンク
【大腿神経伸張(伸張)テスト】
腹臥位にて下腿を上方に引き上げた際、大腿神経に沿った疼痛が誘発された場合を陽性とする。陽性の場合、L3-4など上位椎間板ヘルニアが強く疑われる。

【ボンネットテスト(Bonnet sign)】 SLR TEST(ラセーグ徴候)で陽性になったら、それよりわずかに下肢を下げ、股関節を内転・内旋する。 陽性の場合、疼痛が増悪する。障害としては、神経根症状を示し、腰椎椎間板ヘルニア)、脊椎すべり症、横靭帯肥厚、脊柱管狭窄症などを疑う。 【ボウストリングテスト】 【FNSテスト】

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License