たけしの健康エンタメ!みんなの家庭の医学の運動・かるラク体操のやり方? - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

たけしの健康エンタメ!みんなの家庭の医学の運動・かるラク体操のやり方?


スポンサードリンク


『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』の後任番組として1月12日、
『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』の放送が始まりました!
サブタイトルは全身かるラク”SPスペシャル!!!

『本当は怖い家庭の医学』では腰痛、頭痛、冷症、便秘等の女性に多い症状だけでなく、
禁煙や生活習慣病、

動画はYou tubeユーチューブにはまだアップされておらず。。残念。。

医学/健康/福祉テレビ番組一覧はこちらですっ

どうやら「最終警告」、「怖い」というタイトルがいけなかったようですね、
『慢性関節リウマチ』から『関節リウマチ』に名称変更となったのと同じで、
言葉が患者さん・対象者さんへの精神的配慮に欠ける・・・という点。。

さて、特集項目は誰でも日常的に起こるような腰痛や肩こり、
変形性膝関節症・股関節症に代表される膝関節の痛み、股関節とかですが、
出演されている方と年齢や活動性などの生活リズムが
大きく異なる高齢者さま、不良姿勢を継続する労働者さまは
同じように考えない方がいいでしょう。

①肩こり解消プロジェクト
家庭にあるモノでデキる、筋肉を柔らかくする簡単体操

②腰の若返りプロジェクト
ビリー隊長と名医がコラボ 楽しい腰の若返りエクササイズ

③ひざの若返りプロジェクト
ストッキング1足でデキる 3つのひざ かるラク体操

④奥薗レシピ プロジェクト
美しくスリムな筋肉美人になれる! かるラクレシピ
スポンサードリンク
ストッキングでもいいですが、専門的には楽天でも手に入るセラバンド 2mパック がいいでしょうっ。色によって固さが違うので注意してくださいね。
セラバンド・エクササイズを読めば、大腿・下肢だけでなく、腕や肩の筋力強化訓練、ストレッチなども詳しく記載されています。
 

主に大腿四頭筋、ハムストリングス、中殿筋の3つの筋肉を鍛える
(ハムストは大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋のことなので正確には6つ)
というものですが、一般的な筋力強化やリハビリで当たり前のようにいわれていることです。

番組では詳しく説明されていませんでしたが、このエクササイズだけでなく
筋力強化は、勢いよくやるよりもゆっくり行う方が効果的でしょう。
やってみてください、ゆっくりやった方がきついです(爆)

あと、上記の筋肉を個別で筋トレしても効果は半減です。
上記の筋(だけでなく、その周囲の筋肉)をバランスよく筋力増強し、
且つ、柔軟になればなお良し!!!!
ですよ^^


ここからはいちゃもんをひとつw
専門職の立場から言わせて貰うと、いつぞやのブログでも言いましたけど
大げさです(爆)し、その筋はそういう働きしないよお医者さん?
とか思っちゃいます・・・^^;

やっぱり、医療はお医者さんを頂点にお医者さんが一番賢く、偉い存在。

それは、覆らない事実なんですが、やっぱりですねぇ~・・・・
専門職にはお医者さんでも勝てません、 っていうのが私の意見です。

筋力やストレッチ、運動学的な知識は理学療法士、
巧緻動作や精神面?は作業療法士、
言語や嚥下の事は作業療法士、
薬の事が詳しいのは薬剤師、
レントゲンやMRIを見れるのは診療放射線技師、
検査技術であれば、臨床検査技師・・・・などなどなど、

やっぱり、医者よりも専門職のが詳しく、的確な判断と説明が出来ますよ。
なので、皆さんもドクター一筋だといつぞやのブログみたいに
誤診されたままになったりという事もないとは限りません。(`・ω・´)

(コメント1)
ビリーズブートキャンプのビリーさんも出ていますが、
あのキャンプで逆に腰痛がひどくなった、、という方が多々、来院されていました(爆)

FFD、いわゆる立位で前屈して指が付くようになるなんて、普通にストレッチしても、
ちょっとしたコツで一発で付くようになりますよね。
=体が柔らかくなった、なんて錯覚しないようにしてください。
10分で元通りです(爆)

(コメント2)
マエノリが大好きなさすらいなんですが(爆)、彼女の
「ながらエクササイズ」は良いと思いますよ、患者さんにもご指導していますっ。

理由はですね、やっぱり患者さんに筋トレやストレッチを自主トレしてください、
といっても95%の人はやらない、継続しません、間違いなくっ。
なので、テレビ見ながらやってみてちょーだいとか勧めますっ。

ウォーキングは家の周りをグルグルまわらず直線で進みましょう!! とか。
why??なぜ、直線で歩いていただくのか????

それはですね、例えば家の周りを2キロ歩くとします。
すると多くの方が「疲れた、寒い・・・」という理由で
1,2周ですぐにやめてしまうんですよ。

で、直線的に1キロ歩いていただければ、家に帰ってこないといけないという
強制力が必然的に作られ、2キロの散歩が確保できるわけですよwwww

う~~・・・ん、、さすが私、アクドイな~・・・。。(爆)

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License