介護福祉士 国家試験 (22回) 厚生労働省21年(2010)合格発表速報 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

介護福祉士 国家試験 (22回) 厚生労働省21年(2010)合格発表速報


スポンサードリンク

⇒【介護福祉士国家試験対策標準問題集(2011年版)】

いよいよドキドキの合格発表ですね
筆記試験が平成22年1月31日(日曜日)、実技試験が平成22年3月7日(日曜日)に
行われた第22回(21年度)介護福祉士の国家試験の合格発表
受験番号は下記に記載されているのでチェックしてください

【平成22年(2010年度) 厚生労働省 合格発表のページ】
スポンサードリンク
※発表次第更新いたします

【第22回(21年度)介護福祉士の合格者数・合格率】

■受験者数
153,811 人
■合格者数
77,251

■合格率
50.2 %


【第22回(21年度)介護福祉士の合格基準・合格ライン】
(1)筆記試験の合格基準
  次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。
  ア 総得点120点に対し、得点75点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)。

  イ アを満たした者のうち、以下の「12科目群」すべてにおいて得点があった者。
    [1]社会福祉概論 [2]老人福祉論 [3]障害者福祉論、リハビリテーション論
    [4]社会福祉援助技術(演習を含む。) [5]老人・障害者の心理
    [6]家政学概論、レクリエーション活動援助法 [7]医学一般、精神保健
    [8]介護概論 [9]介護技術(一問一答問題) [10]介護技術(事例問題)
    [11]形態別介護技術(一問一答問題) [12]形態別介護技術(事例問題)

(2)実技試験の合格基準
  筆記試験の合格者のうち、次の条件を満たした者を実技試験の合格者とする。
総得点100点に対し、得点53.33点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した。)。

【第22回(21年度)介護福祉士の不適切問題/除外問題等の特記事項】

スポンサードリンク

関連記事一覧
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License