PNFの適応と禁忌 上肢・下肢・体幹の促通パターン一覧 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

PNFの適応と禁忌 上肢・下肢・体幹の促通パターン一覧


スポンサードリンク
■PNF(techniques of proprioceptive neuromuscular facilitation)の適応
・ギランバレー
・筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、amyotrophic lateral sclerosis、通称ALS)
・末梢神経損傷
・脊髄損傷
・運動失調症
・パーキンソニズム
・脳血管障害(CVA)による片麻痺
・関節リウマチ(RA)
・その他(すべての疾患)

神経筋機構に欠陥があると,筋力低下,協調不全、筋短縮,ROM制限、筋スパズム、痙縮,強直、運動スピードの低下,姿勢の不安定,耐久性の低下などを引き起こすが,これらに対してPNFが有効である。ただし,悪化した場合は中止をしなければならない
スポンサードリンク
■PNFの禁忌(禁止事項) >
・急性期の整形外科疾患
・急性期の外科疾患

【手技上の注意点】
①患者をできるかぎりベッド端に近づける。
②セラピストの立つ足の位置は運動の方向と平行にする。
③セラピストの骨盤が運動の方向を向く(正しい運動方向となめらかな抵抗を加えるため)。
④わかりやすい明確な指示を患者に与える。
⑤患者の手または足を強く握りしめない。
⑥抵抗はセラピストの体重を利用して加える(セラピストの上肢のみによる抵抗ではなめらかな抵抗が加えられない)。
⑦運動軌跡はできるかぎり直線上にする。

【PNFの促通パターン】

<上肢の促通パターン>
①屈曲・内転・外旋 手掌屈・橈屈
②伸展・外転・内旋 手背屈・尺屈
③伸展・内転・内旋 手掌屈・尺屈
④屈曲・外転・外旋 手背屈・橈屈

それぞれのパターンに,肘の運動を伴わないストレートパターン,肘の屈曲を伴う屈曲パターン,肘の伸展を伴う伸展パターンがある。

<下肢の促通パターン>
①屈曲・内転・外旋 足背屈・内反
②伸展・外転・内旋 足底屈・外反
③屈曲・外転・内旋 足背屈・外反
④伸展・内転・外旋 足底屈・内反

それぞれのパターンに,膝の運動を伴わないストレートパターン,膝の屈曲を伴う屈曲パターン,膝の伸展を伴う伸展パターンがある。

<肩甲帯の促通パターン>
①前方下制
②後方挙上
③前方挙上
④後方下制

<骨盤の促通パターン>
①前方挙上
②後方下制

<頭部の促通パターン>
①回旋を伴う屈曲
②回旋を伴う伸展

<体幹の促通パターン>
①回旋を伴う屈曲
②回旋を伴う伸展

ざっとあげるとこんな感じですが、やっぱり本を熟読して絵や写真でイメージして、更には勉強会等で教わってクリカエシ繰り返し行わないと、全くものになりません、、、ね。。。^^

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License