介護施設「めぐみの家」車内で8時間放置で死亡の記事について - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

介護施設「めぐみの家」車内で8時間放置で死亡の記事について


スポンサードリンク
24日午後5時ごろ、千葉県木更津市羽鳥野の介護施設「めぐみの家」敷地内にある屋外の駐車場に止めてあったワゴン車内で、同市貝渕一、無職宇田川美知子さん(81)が死亡しているのを介護施設職員が発見し、木更津署に届けた。同署は、炎天下で室温が上がった車内で熱中症で死亡したとみている。

木更津署によると、宇田川さんはデイサービスの利用者。施設から委託された男性(70)が運転したワゴン車で自宅に迎えに来てもらい、午前九時十五分ごろ施設に到着。ほかに四人の利用者が同乗していたが、宇田川さんだけが降車しないでいるのに気付かず、約8時間置き去りとなったらしい。宇田川さんは三列シートの一番後ろの座席に座っていた。同署は、業務上過失致死の疑いもあるとみて調べている。
夕方になって、利用者を帰宅させるために職員がワゴン車を見に行き、宇田川さんに気付いた。
東京新聞より引用
この詳細や経緯いきさつを読んでまず思ったのが、
「なんでそんなことに?そこまで気がつかない?」というのが第1に浮かびました。

義務化されていない項目もあるとは思うけども、
バイタルチェックリストとか、お茶とかあるだろう?
入浴チェックもあるだろ?
昼食時出すのだったら、その時に気づくだろう?

「全員降ろしたつもりだった」と運転手は答えているようですが、その「つもり」とか、忘れてはいけないものであるから仕事ではチェックリストや確認、ということが日常的に行われるはずである。
スポンサードリンク
ミスが多い会社や1度ミスやトラブルがあったにも関わらず、またそれを議題にして改善策を立てているにも関わらず状態が変わらない施設(会社)の問題点は、十中八九『トップの質が悪い』からに他ならない。

多くの場合、仕方が無いと片付けられている内容は仕方が無いのではなく、やりたくない・もしくはそれを実行するに当たり、自分に厄介ごとが回ってくるから回避しているのであり、仕方が無いという事項には当てはまらない場合がほとんどだ。

今回の事件に関しては、恐らくは適当でずさんな確認ミスの連続で起こったものであろうけども、考えなければならないのは全国のデイケア、デイサービスなどの介護福祉施設において、いつ起こっても不思議ではない事故、という事を肝に銘じておかなければいけない、と思います。

やはり、このような形態で業務を行う以上は、転倒・転落による怪我や死亡事故、誤嚥による死亡等、そして、運転する以上は交通事故によるリスクも他の仕事よりも遥かに死亡や訴訟トラブルは多い仕事のはずです。

痛ましい事故でしたが、慣れすぎた仕事に緊張感を再度持たないと、と思いました。
お亡くなりになられた方はお気の毒ですが、この場を借りてご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License