加圧トレーニングと成長ホルモン&乳酸の分泌と働き - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

加圧トレーニングと成長ホルモン&乳酸の分泌と働き


スポンサードリンク
成長ホルモンとは、簡単に言えば、身長を高く伸ばしたりするって効果があること。

脳の最下部にある脳下垂体と言うところから分泌されるホルモンで、肝臓で身長の発達を促す物質をつくりだして、血液中に分泌させます。そして、骨、筋、内臓の成長を促すわけでる。
スポンサードリンク
この分泌をカーツを加える事で促進させ、体力強化、筋肉の増量、そして、体脂肪の減少、免疫力の強化を図ろうと言うのが加圧トレーニングです。

その他の推進している効果は、コレステロールの減少、記憶力の回復、血圧安定、疲労回復、更年期障害の改善、視力改善、心肺機能改善、骨粗鬆症の予防、心臓疾患、脳梗塞の予防屋リハビリテーション、性的機能の改善などを遅らせるさまざまな効果が・・・・
・・・上げられていますが、目に見える効果としてはここまで出るかどうかは???です。。

ここで一役買うのが乳酸です。

乳酸というのは、運動を行ったときに分泌される物質で成長ホルモンを増やす働きをします。
つまり、加圧トレーニングを行った後は血中の疲労物質である乳酸の上昇に伴い、成長ホルモンの血中濃度も上昇!!!だから、上記のような効果が得られるんだ!!!

・・・・と、言いたいところなんですが、さすらいのブログはすっぱ抜いちゃいます。すっぱ抜きぬき。

中学や高校でもそうやってならっているんでしょうけども、最近の研究では

乳酸は疲労物質ではなくて、疲労回復物質なんです!!!

ということが言われています。。。。。 じゃあ、加圧トレーニングの理論は根底から覆されるのでありました。。。
さて、この問題について社長さんはどう説明するのか気になります・・・(`・ω・´)

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License