加圧トレーニング指導資格(インストラクター)とジム経営 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

加圧トレーニング指導資格(インストラクター)とジム経営


スポンサードリンク
加圧トレーニング(KAATSU)にも公的ではない資格と言われるものがあるんですね。

①加圧トレーニングインストラクター
②上級加圧トレーニングインストラクター
③加圧トレーニング統括指導者

まずは、①の加圧式トレーニングインストラクターの資格を取るわけですね。
受講料、、42万円。。。高ぃ。。・・・かどうかは人それぞれですけども。。
スポーツジムやスタジオなど、独立開業するネタとしては安いでしょうか。
・・・・といいつつ、まだまだ落とし穴があります。。。
スポンサードリンク
で、受講資格としては
(1)と(2)の両方の条件を満たす方が受講対象者となります。

(1)医師、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、あんま・マッサージ師、看護師、整体師、保健体育教諭、健康運動指導士、スポーツトレーナー、スポーツインストラクター等、人に対する施術やトレーニング指導を行う資格を有する者、または上記資格と同等の能力を有すると認められる者。

(2)3ヶ月間以上かつ24回以上の加圧トレーニング歴を有する者。(加圧トレーニングの指導、施術を行っている施設へ通うか、同施設で加圧トレーニング器具を購入して自主トレーニングを上記の期間及び回数以上行ったことのある者)
本部より引用

(1)については、知識を求められているみたいで良いですね^^
ただ、『上記資格と同等の能力を有する』というがどこまでなんでしょうねぇ。カイロプラクティックみたいのだと、資格は無いのでどうやって証明するの?
これを読んでいる医学的知識が無いあなたも、わたしはカイロプラクティック開業できちゃうじゃん?
じゃあ、誰でもおっけーなんてことなのかなぁ、なんて思ったり。。
落とし穴①

そして、1次試験があって、2次試験もあって2次試験の合格!!!!
すると最終的に120~400万円弱のお金がが必要となってくるようです。。 ⇒ 落とし穴②

∑( ̄ ̄;)ナント!!   って感じです。。。。
が、これを読む前から加圧トレーニングを取り入れようとして断念した病院・施設のお話(資金面での)を聞いていたので驚きはしませんでしたけども。

ただ、日本生まれの良い技術、良いリハビリテーションまたは練習方法なのに、
これでは一般に広まらないな、という残念な思いでした。

加圧トレーニングが芸能人やテレビで話題になったときにネット調べて違和感を覚えたのを鮮明に覚えております。
それはどこか?・・・というと、これだけ話題になっているにも関わらず、本以外の関連商品が出てこなかったと言う事でした。

で、商学部経営学科出身、商品輸入担当分野の私ですからね、人や物、お店に出入りするだけで経営的狙い・マーケティングを考えてしまう悪い癖があるんでこんな視点が目に付いちゃうんです。。。

本屋で加圧の本を立ち読み、ネットで調べて更に違和感。
障害保険適応申請、特許や商標登録に動き出すのが早過ぎで過常。
すでに特許切れになったあとの事まで想定して現在も稼働中。
ということでした。 なので、本部の許可がなければ加圧の名前は一切出せません。類似語もアウト!

なので、類似商品が出てこなかった(作れない)わけですね。
経営的観点から言わせて貰うと素晴らしい対応です。
以前の記事でも触れましたが、完全に商売ユーズなトレーニング方法ということでした。

まあ、経営的な考えからは当たり前です。 けど、リハビリに携わる者としては、色々な情報が表に出てこない環境が整えられるのも、残念なのでありました。。。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License