FIMの評価基準 4.移動動作 ②階段昇降ののADL採点方法 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

FIMの評価基準 4.移動動作 ②階段昇降ののADL採点方法


スポンサードリンク
FIM(機能的自立度評価表)のADL評価基準の概要を記載しています。
下記の参考記事からも詳細が見られますので、介護負担の軽減、適正な評価の参考にしてください。

今回は移動動作の項目、歩行と車椅子のFIMの検査評価でございます。
スポンサードリンク

移動動作 階段昇降に含まれる内容

屋内の12段から14段の階段を昇降すること

移動動作 階段昇降の注意点

まずは昇降する段数に注目し、次に介護量を考える。

移動動作 階段昇降の採点法

無題

その他

階段昇降は連続して4-6段の階段を何回も昇降して検討してよい。階段は日常行わないかもしれない項目なので、“テスト”をしてもかまわない。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License