骨粗しょう症の要因と病態分類 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨粗しょう症の要因と病態分類


スポンサードリンク

骨粗しょう症(こつそしょうしょう、osteoporosis)とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいいます。

背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となるもので、骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨折による痛みや障害はもちろん、大腿骨や股関節の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりにつながり、生活の質 (QOL) を著しく低くする。骨粗鬆症は、中年以降に見られ、患者の8割は女性である。日本においては1000万人、アメリカ合衆国では3000万人に症状が現れていると考えられている。

骨は建築物に用いられる鉄骨などとは異なり、正常時は常に骨芽細胞と破骨細胞によって形成・吸収がバランスよく行われ、古い骨を壊し新しい骨を作り一定の量を保っている。

高齢の女性においては性ホルモンの一種エストロゲンの産出量が閉経後に急速に低下する。エストロゲンには骨芽細胞の活動を高める作用があるため、閉経によって骨粗鬆症へと進みやすい。さらに女性は男性に比べてもともと骨量が少ないため、形成・吸収のバランスが崩れたときに、症状が表面化しやすい

スポンサードリンク
【骨粗しょう症の分類】
骨粗しょう症には、原発性異常とホルモン異常などに伴う二次性のものがぞあるが、
一般的に問題となるのは後者のものであり、特に女性に見られる閉経後の骨粗しょう症はこれに該当する。

【原発性骨粗鬆症】
①Ⅰ型骨粗鬆症(閉経後骨粗鬆症)
閉経に伴うエストロゲンの減少が原因となっているものであり、これによって骨吸収と骨形成の平衡性が崩れると考えられており、骨代謝回転は更新している。

②Ⅱ型骨粗鬆症(老人性骨粗鬆症)
骨芽細胞の機能低下による骨形成の抑制と、腸管からのカルシウムCa吸収の抑制とCa代謝の平衡の乱れによって怒り、骨体や回転は低下している。

【二次性性骨粗鬆症(続発性骨粗鬆症)】
続発性骨粗鬆症とは何らかの疾患のバックグラウンドの上に成り立つタイプのものである。続発性骨粗鬆症の中にはさらに内分泌性、栄養性、薬物性、不動性、先天性という細分類がある。

内分泌・代謝異常:
クッシング症候群・副甲状腺機能亢進症・甲状腺機能亢進症で起こる
炎症性疾患:関節リウマチなどの炎症疾患によって引き起こされる
薬剤性:ステロイドなどによって引き起こされるもの

一部wikipedeiaより引用

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License