骨粗しょう症の原因④ カルシトニンとその作用から覚える - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨粗しょう症の原因④ カルシトニンとその作用から覚える


スポンサードリンク
カルシトニンはこつそしょうしょうの治療製剤として有名でありますが、
一側面では下記のような副作用的なものがあります。
カルシトニン検査で、骨軟化症や低カルシウム血症などの病気を判断します。
スポンサードリンク
カルシトニンは甲状腺から分泌されるホルモンで骨の吸収を抑制する作用があり、カルシトニンの絶対的な欠乏または副甲状腺ホルモンとの関連における相対的な減少が、副甲状腺ホルモンとカルシトニンの間のバランスを崩すときには、骨量の減少と骨粗鬆症の発生が予想される。

女子では男子よりも血中カルシトニン値とカルシウム負荷による分泌が少なく、ことに閉経後は著明に低下して、骨粗鬆症の発生の時期に一致すること、またカルシトニンの投与が骨粗鬆症の疼痛を著明に改善し、骨変化にもよい影響を与えることがあげられる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License