アンダーソン・土肥の基準(変法) (運動療法におけるリスク管理) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

アンダーソン・土肥の基準(変法) (運動療法におけるリスク管理)


スポンサードリンク
アンダーソンの基準で有名な土肥の基準です。
土井って書いちゃう人が多いのでお間違えの無いように。

マトリックスが流行っていたときなんかは、「アンダーソン君!!」
とかお友達とふざけて言い合っていましたが非情に重要ですね。

しかし、ベネディクト・アンダーソンとか私の友達にもアンダーソンていう外人さんのお友達がいるようにメジャーなお名前なんですねぇ。

さて、雑談は置いといて本題です。
重要には違いないのですが、実際の場面ではこれに引っかかったからといって、リハビリを中止するとは限らないようですね。
バイタルサインも個人差が大きいわけですし、この基準に従っていたら一切リハビリができない!!!という事になっちゃう場合もあるわけですので。

よって、基準だけで判断せず、呼吸数とか呼吸の深さ、表情や皮膚の色とかいろいろ細かなところを観察しながら、細心の注意を払って行いましょう。 こないだもリハ中に危ない状態になりましたので、ちょっと記事にしてみたサスライでございます。。
スポンサードリンク
<運動療法におけるリスク管理>
アンダーソン・土肥の基準


Ⅰ.運動を行わないほうがよい場合
1)安静時脈拍数 120/分以上
2)拡張期血圧 120以上
3)収縮期血圧 200以上
4)労作性狭心症を現在有するもの
5)新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの
6)うっ血性心不全の所見の明らかなもの
7)心房細動以外の著しい不整脈
8)運動前すでに動悸、息切れのあるもの

Ⅱ.途中で運動を中止する場合
1)運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合
2)運動中、脈拍が140/分を越えた場合
3)運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合
4)運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合

Ⅲ.次の場合は運動を一時中止し、回復を待って再開する
1)脈拍数が運動時の30%を超えた場合.ただし,2分間の安静で10%以下に戻らぬ場合は、以後の運動は中止するかまたは極めて軽労作のものにきりかえる
2)脈拍数が120/分を越えた場合
3)1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合
4)軽い動悸、息切れを訴えた場合

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License