鼻/咽頭/喉頭(鼻骨・頭蓋骨を含む)の機能と解剖学 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

鼻/咽頭/喉頭(鼻骨・頭蓋骨を含む)の機能と解剖学


スポンサードリンク

A.鼻 nose
鼻は外鼻、鼻腔および副鼻腔からなり、鼻腔は呼吸器(鼻粘膜 呼吸部)であるとともに、嗅覚器(鼻粘膜 嗅部)からなる。
呼吸器系を、広く言えば呼吸器感染症、呼吸器疾患を学ぶ上では外せないです。

スポンサードリンク

1.外鼻
・上端部の鼻骨、その他の部位の鼻軟骨および小さな筋によって構成される.
・鼻尖、鼻背鼻根、鼻翼、外鼻孔を区別する

2.鼻腔
・鼻中隔によって左右両半部に分けられる
・鼻腔の外側壁から前後に長い3個の鼻甲介が内腔に向かって突出

それぞれが下記へとつながる。
上鼻甲介 → 上鼻道
中鼻甲介 → 中鼻道
上鼻甲介 → 上鼻道

 ・総鼻腔:鼻甲介の内側端は鼻中隔に達しないで、上下の方向に共通の空隙を作る
 a.鼻粘膜:鼻粘膜は呼吸部および嗅部の2部からなる

1)呼吸部:上気道の一部として呼吸にあずかる部分で、鼻腔の大部分を占める
2)嗅 部:鼻腔の最上部には、嗅覚に関与する感覚上皮、すなわち嗅上皮が存在
する

3.副鼻腔
・副鼻腔:前頭骨、蝶形骨、篩骨、上顎骨にある、鼻腔と交通して空気を保有する盲嚢状の空洞
・副鼻腔および、鼻腔への開口部

1)前頭洞  2)篩骨洞  3)蝶形骨洞  4)上顎洞

clip_image002clip_image002[5]

B.咽頭 pharynx

・咽頭鼻部(上咽頭)
 後鼻孔で鼻腔、耳管咽頭口で耳管→中耳(鼓室)と連絡

・咽頭口部(中咽頭)
 喉頭口で喉頭、食道口で食道 と連絡

C.喉頭 larynx

・呼気を利用して発声に関与
・上端は咽頭、下端は気管に連なる
clip_image002[3]

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License