気管支の分岐とその構造と解剖学 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

気管支の分岐とその構造と解剖学


スポンサードリンク

5.気管支の分岐
・左右の気管支の分岐
葉気管支
   ↓
区域気管支
   ↓
区域気管支枝
   ↓
細気管支
   ↓
終末細気管支
   ↓
呼吸細気管支
   ↓
肺胞管
   ↓
肺胞嚢
   ↓
肺胞

スポンサードリンク

a.葉気管支の構造
・肺門で一定数(左2本、右3本)の葉気管支に分岐する
・多列線毛円柱上皮は次第に上皮細胞の方が低くなる

右肺 左肺

 A-右気管支
 B-右上葉気管支
 C-右中葉気管支
 D-右下葉気管支

 A-左気管支
 B-左上葉気管支
 D-左上葉気管支

右上葉気管支
 1.肺尖枝(B?)
 2.後上葉枝(B?)
 3.前上葉枝(B?)

右中葉気管支
4.外側中葉支(B?)
5.内側中葉支(B?)

左上葉気管支
 1.+2.肺尖後枝(B???)
 3.前上葉枝(B?)
 4.上舌枝(B?)
 5.下舌枝

右下葉気管支
 6.上‐下葉支(B?)
 7.内側肺底枝(B?)
 8.前肺底枝(B?)
 9.外側肺底枝(B?)
 10.後肺底枝(B??)

左下葉気管支
 6.上‐下葉枝(B?)
  ※上枝下‐下葉枝(しばしば欠如)
 7.内側肺底枝(B?)(しばしば欠如)
 8.前肺底枝(B?)
 9.外側肺底枝(B?)
 10.後肺底枝(B??)


clip_image002

右肺 左肺

上葉
 1.肺尖区(S?)
 2.後上葉区(S?)
 3.前上葉区(S?)

上葉
 1.+2.肺尖後区(S???)
 3.前上葉区(S?)
 4.上舌区(S?)
 5.下舌区(S?)

中葉
 4.外側中葉区(S?)
 5.内側中葉区(S?)

 

下葉    
 6.上‐下葉区(S?)
  ※(上枝下‐下葉区)
 7.内側肺底区(S?)
 8.前肺底区(S?)
 9.外側肺底区(S?)
 10.後肺底区(S??)

下葉
 6.上‐下葉区(S?)
  ※(上枝下‐下葉区)
  ※(内側肺底区)(S?)
 8.前肺底区(S?)
 9.外側肺底区(S?)
  10.後肺底区(S??)

clip_image002[8]

b.区域気管支
・それぞれの葉気管支は2~5本の区域気管支に分かれる
・肺区域:1本の区域気管支の枝が分布する領域

c.細気管支
・区域気管支→多数の区域気管支枝に分かれる
・区域気管支枝の末梢で、肺小葉内に入る細い幹を細気管支という
・直径0.8~1mm
・小葉内でさらに3~6本に分岐
・肺小葉:1本の細気管支の分布する直径1~2cmの円錐形の範囲
・太い部分の細気管支の上皮は杯細胞をまじえた多列線毛上皮
・固有層には混合腺である気管支腺
・固有層の下には平滑筋が走る
・筋層の下には疎性結合組織の層がある
・細気管支が細くなり直径1mm以下になると、平滑筋が発達して輪走する
 (平滑筋の過度の収縮は気管支喘息などの呼吸困難を引き起こす)

d.終末細気管支
・肺小葉内で細気管支は終末細気管支に分岐
・上皮は単層円柱上皮で、線毛細胞と分泌細胞(クララ細胞)からなる
 その下層に疎に平滑筋が存在

e.呼吸細気管支
・肺胞の出現
・呼吸細気管支はさらに2~9の肺胞管となり、その末端は肺胞に囲まれた行きづまりの肺胞嚢となる
・上皮は単層円柱上皮 又は 単層立方上皮
・下層はわずかな平滑筋を含む薄い結合組織
  *気管支は分岐を繰り返すが、呼吸作用が含まれる肺胞が存在するのは、呼吸細気管支以下の部分である
・呼吸作用は肺胞嚢、肺胞で最も盛んである。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License