観念運動失行の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

観念運動失行の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ)


スポンサードリンク
★是非、ご覧下さい★ +++高次脳機能障害の一覧(もくじ)+++

観念運動失行(ideomotor apraxia)の定義

自発的な運動であれば可能であるが、口頭指示・模倣による習慣的な運動や簡単な動作(身振りなど)が再現できないもので、いくつか類型がある。臨床的には運動記憶、運動公式、感覚上方の協調が障害されると、計画に沿った好意が適切に行えなくなった状態が観念運動失行である。
 ・頬部顔面(口部顔面)失行:顔面の動作に出現
 ・発語失行:口の異常な動きにより発語困難

観念運動失行の障害病巣

優位半球(左)頭頂葉(後頭葉) 他にも多数の報告がある。

観念運動失行の評価テスト

観念運動失行のテストは観念失行と合わせて行うほうが正しく評価できる。
さようならと手を振ってください
おいで、おいでをしてみてください。
兵隊の敬礼をして下さい。
歯を磨くまねをして下さい。
櫛で髪の毛をとかすまねをして下さい
金槌で釘を打つまねをして下さい。

・・・などで出来るか出来ないか、又はスムーズにこなせるかを診ますが、綺麗に異常が出ることは稀もしくは急性期がほとんどです。また、(前段階に)観念失行の評価と合わせて行うことが望ましい。
スポンサードリンク

観念失行の検査と評価方法(順序など)


行為の種類と遂行条件
抽象的行為:口頭指示 → 模倣
道具の使用:口頭命令での身振り → 模倣 → 実際に使用する
複数の物品の系列的操作:複数の物品を操作し、口頭で与えられた目 的を達成
無意味動作:模倣(または口頭指示)

観念運動失行の臨床的な問題点とリハビリテーション(対応/対処・アプローチ)

物品を使用する方が視覚的・触覚的な手がかりがあるので容易に行える傾向にあると考えられます。そのため、失行の有無は口頭指示と模倣である程度評価することが出来ます。 しかし、失行が有る場合、物の持ち方を誤る可能性があることを念頭におく必要があります。

麻痺側に同程度の失行・失認が存在する方でも動作に大きな違いがある場合があります。それは麻痺側の失行・失認に加えて、健側の失行・失認があるためと考えられます。そのほとんどの場合、観念運動失行と身体失認が関わっていると思われます。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License