運動維持困難の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

運動維持困難の症状/特徴/定義と評価/リハビリ(対応/対処・アプローチ)


スポンサードリンク
★是非、ご覧下さい★ +++高次脳機能障害の一覧(もくじ)+++

運動維持困難(motor impersistence)の症状と定義・特徴


運動維持困難は、開眼、開口、息をとめる、腕を挙げるなどの定常的動作を指示に従ってひとつ、または二つ以上または同時に出来ない。作業への集中や言動の維持ができないなどの症状がある。

運動維持困難の障害病巣

右前頭葉(特に劣位半球)、劣位半球頭頂葉といわれているが、中大脳動脈領域の前頭葉、側頭葉、頭頂葉を含む大きな病変に起こりやすい。

運動維持困難の評価テスト

運動維持困難の評価テストとしては、joyntらによる検査法がある。
臨床的には閉眼や開眼、閉口や開口などについて10~20秒間の維持が可能かを調べる一方、2つ以上の動作維持については上記の検査を二つ同時に行い確認する。(事前に視野検査や失認の評価も必要。)
上肢に関しては、右での屈曲か外転位を保持し続けられるかを確認するが、麻痺との判別が必要です。
スポンサードリンク

臨床的な運動維持困難の問題点とリハビリテーション(対応/対処・アプローチ)


臨床的に見ると感覚検査や視野検査を行うと直ぐに開眼してしまう。その他、両腕を前方挙上しるバレー兆候(barre test/barre sign)では片方の腕のみが落ちてくる場合は片麻痺を意味するが、運動維持困難を呈する場合は両側の腕が下がってくる。

運動維持困難な患者さんは、歩行やADL達成度が低いと言われているが、その他の半側空間無視などの失行失認が合併していることがほとんどなので、運動維持困難単独での自立度としては創ともいえないと思われます。

肢位の保持が困難な場合、特に重要な肢位・姿勢保持については、維持する時間を延ばすようなアプローチが試みる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License