体位ドレナージ(体位排痰法)の体位とやり方 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

体位ドレナージ(体位排痰法)の体位とやり方


スポンサードリンク

呼吸理学療法の最も有名な方法として、体位ドレナージ(体位排痰法)(postural drainage)というものがあります。あくまで国家試験的には、といったほうがいいかもしれませんが。。

その目的とは各気管枝の解剖的区分に基づき、種々の体位をとる事により、重力の原理で少ないエネルギーで効率よく痰喀出を促す方法である。 ただし、患者さんによっては負荷になりますので禁忌事項に該当する場合もあると思いまし、実際に行われているのは見たことがありません。。。

【排痰についての基礎知識~生理学など~】

1気道
内分泌は,気道内の粘液線毛により,粘液を咽頭の方に移動させている。

・機能低下を起こす原因:加齢,麻酔,鎮痛剤,喫煙,気管内吸引,気管切開,電解質のバランスの不均等から来る脱水症状など
 ・運動を促進する原因 :過換気の状態

2.咳嗽
下の図のような一連の流れによって咳嗽は生じるが,特に重要なメカニズムは,第3相~第4相の圧縮から呼気にかけてであり,この時,気管が狭窄し霧状流をつくり分泌物の喀出を容易にする。

気道内圧と胸腔内圧が等しくなる点を等圧点というが,霧状流はこの等圧点より口腔側の中枢気道で胸腔内圧が気道内圧より高くるために生じる。この作用によって,中枢気道に移動してきた分泌物を喀出する。
clip_image002[4]

スポンサードリンク

3.側副気道
肺胞間,呼吸細気管支と肺胞との間などに存在する。細気管支が閉塞した場合,深呼吸等の換気量を増やす呼吸をする事で,その抹消肺胞内に強い陰圧が生じ、側副気道を通ったガスが虚脱していた肺を再拡張させる。(

clip_image002[10]

 4.速い呼気
側副気道が存在しない呼吸細気管支より中枢部に粘着性の分泌物がある場合,その部位から末梢には空気が入りにくくなり,無気肺を起こしやすくなるため、換気の不均等を生じる。
そこで、吸気を速く行うような呼吸様式をさせると粘着性の分泌物を押し分け末梢気道に空気が入ることができる。その空気が,末梢部の分泌物の移動を促す。

分泌物の移動を促すような体位をとらせる。(下図)
通常、目的とする肺区域に排痰手技を組み合わせたり、咳嗽を促すなど,他の排痰法(下表)と組み合わせて実施される。 呼吸リハビリについて、一番参考になったのがこちらでした。

呼吸療法テキスト

日本胸部外科学会・日本胸部疾患学会・日本麻酔学会合同呼吸療法士委員会 克誠堂出版 1992-01
売り上げランキング : 1075582
by ヨメレバ
わかりやすく、実践的内容で。

clip_image002[12]

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License