呼吸器リハビリにおける軽打法と振動法のやり方 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

呼吸器リハビリにおける軽打法と振動法のやり方


スポンサードリンク

一般のマッサージとしても行われる手技であるが、ここでは呼吸理学療法における軽打法と振動法(Percussion,Vibration)のやり方を画像をつけて述べます。

軽打法は,直接皮膚またはタオルなどで覆った上を,カップ状にした手で  軽打することからカッピングとも呼ばれ,呼気と吸気を通じて行うのが原則

カップ状に丸めた手を軽打する部位に置き,手と皮膚の間に隙間が生じていないことを確かめ、肩,肘,特に手関節の力を抜いて皮膚に手が直角に当たるよう軽打する。適切に行うことが出来ればパカ,パカという中空音を発し、患者に過度の痺痛を与えない。軽打の強さは患者が心地よい程度である。

スポンサードリンク
軽打法動画画像

振動法は,軽打法より振動数が多く,手やマッサージ器で行う。

この方法は,胸壁を断続的に圧迫する。胸壁を徒手で庄迫する場合は,吸気を妨げないように呼気時のみ行う(マッサージ器の場合は吸気時も可)。

撮動の強さは,患者のニードや耐久性によって決めるが,軟部組織を振動させるのではなく,胸壁を振動させなければならない。

これらの禁忌事項などについては、、肺理学療法の禁忌と合わせて記載するので下記の関連記事を参考にしてください。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License