心臓の解剖学② ~心臓の位置と外観~ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

心臓の解剖学② ~心臓の位置と外観~


スポンサードリンク
・心臓の位置は鎖骨の直下から左に伸びており、その大きさははほぼ手拳大の大きさで、左右の肺の間で縦隔中部に位置する。

心尖の位置は左乳頭線上で第5肋間隙にあり、この部の胸壁表面に心拍動を触れる。心底は右上後部にあり、第2肋間隙に位置する。

心尖といい、前・左・下を指し、その底を心底といい、後・右・上を向いている。

・心臓の重さは約280gで、女子の場合は230g程度。

スポンサードリンク

sinnzouiti2.jpg
・左右の心臓は膜性の弁膜で心房と心室とに分かれ4室からなる。

心臓の軸は心底の中心から心尖に向かい、右後上方から左前下方に走る。

・心室中隔には卵円窩がある。

・心房の筋層は心室に比べて厚い。

clip_image002[4]

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License