⑫心臓カテーテルと心臓血管造影法・冠状動脈造影法のやり方と目的 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

⑫心臓カテーテルと心臓血管造影法・冠状動脈造影法のやり方と目的


スポンサードリンク
<心臓カテーテル検査>
・直接虚血性心疾患のポンプ機能や器質的情報を得ることができるため有用である

①心臓カテーテル法
・運動療法を実施するときに有用な情報の一つであるポンプ機能(血行動態)は、スワンガンツ・カテーテルから得ることができる

(心臓カテーテルの目的)
・ベッドサイドのカテーテル検査として行われる
・カテーテル先端に装着したバルーンを血流にのせ、X線透視でカテーテルを肺動脈楔入部位まで進め圧測定、心拍出量の測定を行う
スポンサードリンク
②心臓血管造影法・冠状動脈造影法
・心臓カテーテル法に同じく、カテーテル挿入に選択された血管を穿刺あるいは切開して、カテーテルを進め、造影剤を注入し心臓内圧曲線分析、心腔内造影及び選択的心臓血管造影を行い、血行動態や機能形態を知るもの

(心臓血管造影法・冠状動脈造影法の目的)
・心臓各部の大きさ、構造、解剖学的関係を明らかにする
・先天性疾患の存在と程度
・左心室造影により室収縮性の視覚的評価、壁在血栓の診断、僧帽弁及び大動脈弁の様相、僧帽弁逆流の程度の判定
・冠状動脈造影では冠状動脈粥状硬化病変の数と部位及び程度の診断

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License