⑱心疾患の運動の持続時間 ~心臓の病気のリハビリテーション~ - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

⑱心疾患の運動の持続時間 ~心臓の病気のリハビリテーション~


スポンサードリンク
2.運動の持続時間

運動強度を設定したのち,次に何分の持続時間が適当かを決定する。

外来では20~60分の時間が好ましいとされ,1回20分が運動能力を増加させる最低量とされる。

強度が強ければ持続時間は短く,強度が弱ければ長い持続時間を要する。低強度で長時間の負荷によってよい結果が得られるとされ,整形外科的な問題も生じない。

初期には中等度(40~70%)の運動を20~30分行うようにして,それ以降時間の延長を考える。
冠動脈疾患に対しての間欠的な運動のメリット

・間欠的に十分休息をとり乳酸の蓄積を防ぎ、より高いレベルの運動にまでもっていける。
・間欠的に行うことにより,心容量や静脈還流,心内圧を変化させて心血管系の刺激を促す。
 例えば,集団運動療法では,20分を1クールとして,3回行う。(下図)

clip_image002
スポンサードリンク
また、ウォームアップとクールダウンは重要であり,必ず実行させる(詳しくは後述するので、下記の関連記事をご覧ください)。

前後それぞれ10~15分行う。このウォームアップにより突然の心血管系の事故を防ぐ。また筋のウォームアップにより整形外科的な事故も防ぐことが可能である。

急激な運動開始はST変化や不整脈をきたしやすい。
クールダウンは,末梢に分配されている血流をゆっくり心臓にもどし,血圧,心拍数,心拍出量を徐々にもとにもどす。その結果,心筋の酸素消費量も徐々にもとのレベルにもどすことになる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License