21.心疾患の運動期間と日常生活のエネルギー消費METs(仕事、運動、スポーツ) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

21.心疾患の運動期間と日常生活のエネルギー消費METs(仕事、運動、スポーツ)


スポンサードリンク
5.心疾患のリハビリ・運動を行う期間

どの程度の運動期間を目標とするかは難しい問題である。参考までに実際のいくつかのデータをあげる。

1)運動耐容量については,3カ月でプラトーに達する。

2)血圧のコントロールは1カ月でプラトーに達する。

3)コレステロールの改善については3カ月を要するが,同時にHDLの改善は12ヵ月を要する。

4)心室性期外収縮は3カ月間で80%の改善をみる。

5)しかし,心筋の藩流については,1年以上の長い運動療法が好ましい。

6)また左室の収縮経期容量(ESV)の改善を伴う駆出率の改善を期待するには6カ月以上の運動の持続が好ましい

7)毎日1万歩以上を歩けば,筋疲労は1ヶ月でとれる。

スポンサードリンク
 これらを総合して慢性期,維持期の運動療法の持続は最低3ヶ月が望ましく,維持は長ければ長いほどよいことになる。運動を習慣化して少なくとも中途であきらめないことが重要である。


【各種日常活動のエネルギー消費】

clip_image002clip_image004
 職業労作のエネルギー消費をMETsで下表に示した。1METs=3.5ml/kg/minとして,該当METs値を参照する。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License