福祉住環境コーディネーター・バリアフリーの建築分野 ①玄関の幅員や寸法一覧 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

福祉住環境コーディネーター・バリアフリーの建築分野 ①玄関の幅員や寸法一覧


スポンサードリンク
外出時は玄関を通ります。
そこが利用しにくければ、障害者や高齢者が外出する機会をさけ、機能低下を及ぼすなどがあげられるため、式台やスロープ、手すりの設置などが行われます。

下記の表記に関しては、福祉住環境コーディネーター検定試験を意識した記載であり、
「建築基準法」、「日本工業規格(JIS規格)」、「住宅品確法」(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の住宅性能表示制度上の規定が混在していますので、各種専門の方はご注意ください。


過去問用紙の配布、その他の建築寸法も記載していますで、下記の関連記事からどうぞ!

スポンサードリンク

こちらの東京商工会議所 編/福祉住環境コーディネーター検定試験2級公式テキスト新版を参考にしました。

右側は芯-芯距離、左は幅員ですが、基本的に復員だけ覚えれば良いと思います。
ごく稀に、芯芯距離が選択枝ででていますが。

厄介なのは玄関ホール部分だと思いますが、一覧にするとわかりやすい!


【福祉住環境コーディネーター過去問用紙はこちら】からどうぞ!

玄関 単位:mm
(1)上がりがまち    
古い住宅の上がりがまち 300程度  
新しい住宅の上がりがまち 180以下が一般的  
式台の寸法(奥行×幅) 400以上×500以上  
上がりがまちのベンチの手すりの種類と位置 ベンチ座面端部から200~250程度の位置に縦手すり
○○mmまではスロープ設置が適しているか 玄関土間に充分なスペースがあれば、100mm程度まで
上がりがまちの手すりの種類と位置 土間床面より750~800程度、上端はホール床面で肩より100程度上
(2)玄関戸    
一般的な玄関戸の有効幅員 700~750 壁芯-芯 910
バリアフリー仕様玄関戸の有効幅員 800~850 壁芯-芯 1000
3枚引き戸タイプの有効幅員 1000以上確保できる 壁芯-芯 1820
引き戸でできてしまう引き残し分 80~100  
(3)玄関土間    
自立歩行の玄関戸の有効幅員 750程度 壁芯-芯 910
自立歩行の玄関土間部間口の有効幅員 1200程度 壁芯-芯 1365
標準車椅子使用の玄関土間の奥行き 1200以上 W/C全長は1100
屋外用W/C使用(保管)の玄関土間の奥行き 最低1650~可能なら2100 壁芯-芯 1820~2275
(4)玄関ホール    
回転スペースとして奥行きは最低でも 最低でも1500  
W/Cを玄関ホールで保管する場合の間口 最低1650~可能なら2100 壁芯-芯 1820~2275
上がりがまちの手すりの種類と位置 土間床面より75~800程度、上端はホール床面で肩より100程度上

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License