福祉住環境コーディネーター・バリアフリーの建築分野 ②廊下の幅員や寸法一覧 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

福祉住環境コーディネーター・バリアフリーの建築分野 ②廊下の幅員や寸法一覧


スポンサードリンク
【福祉住環境コーディネーター・バリアフリーの建築分野 ①玄関の幅員や寸法一覧】からの続きでござる^^

今回は、福祉住環境での廊下についてです。
玄関から入れば廊下があります、
部屋にいても基本的に廊下を通らなければ、お風呂にもトイレにも外出も出来ません。
介護者、介護者の方もニーズ、要望は低めですが、専門家が見ると最も重要なところなが箇所なだけに、是非、ご参考に!

下記の表記に関しては、福祉住環境コーディネーター検定試験を意識した記載であり、
「建築基準法」、「日本工業規格(JIS規格)」、「住宅品確法」(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の住宅性能表示制度上の規定が混在していますので、各種専門の方はご注意ください。
スポンサードリンク
廊下
伝い歩きの場合 750~780  
介助歩行する場合 最低780 あれば最低限介助可 1.5人分の有効幅員
W/Cで直進するには W/C全幅に100~150プラスする  
自走W/Cで直角に曲がる有効幅員 850~900 有効幅員750~780の廊下
介助用W/Cで直角に曲がる有効幅員 750 780
車いすあたりの高さ 350程度 通常、副木は60~80(重ねる)
住宅品確法 等級5の廊下の有効幅員 850以上  
住宅品確法 等級3.、4の廊下の有効幅員 780以上  
横手すりの高さと直径 750 35~36

過去問用紙の配布、その他の建築寸法も記載していますで、下記の関連記事からどうぞ!

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License