作業・理学療法士のアルバイト・副業事情 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

作業・理学療法士のアルバイト・副業事情


スポンサードリンク
作業療法士・理学療法士のアルバイト、時給3万円!!!!

そんな時代もありました、
就活失敗と資格勉強に明け暮れていたさすらいの理学療法士です。 (`・ω・´)

いや、失敗じゃねぇよっ!ヽ(`Д´)ノ

内定だらけですものっ、でも、条件が合わないんですもの…

そんな訳で、就職活動真っ只中の皆さん、そんな動向が気になる方もいるだろうと思って、ブログタイトルの内容とその裏側をちょっと触れておこうかと思った次第です。
スポンサードリンク
時給3万円のアルバイト代って言いました。 これはお偉い先生のみの話ではなく、その辺のPTOT皆がそんな位貰っていました。

【簡単・複雑】、【集団・個別】・・・・・

これを聞いて何か分かる人、この時代を知っているリハビリ関係職種の皆様は、恩恵をだいぶ受けてきたと思います。 今、PT/OTが割のいいアルバイトをしようと思うと、良くて4~5000円前後でしょう。 訪問リハビリ系か、知り合いの紹介だと優遇されていてこれくらい。 一般的なアルバイトとしては1200円~1800円が相場でしょうか? まあ、地域などにもよりますので一概には言えませんが。

老健や特養等で、移乗技術や介護系の講習・講演会の講師を副業とされているPT/OTも多いですね。
知人や身内の仕事の手伝いとして、全く関係のない副業を行うのも一つの手です。 優遇も聞きやすいですし。

私も生活に余裕がないのでアルバイトを探していました。
やっぱり、手っ取り早くて確実に探す方法は、あちこちの求人・アルバイトサイトに登録して検索してました。 あとは、知り伝いに紹介してもらうっていう方法もありましたが、間に知人などを入れると何かとトラブルが起こった場合に面倒なので避けていました。。。^^;;  でも、割がいい場合が多かったです。

そんなこんなでアルバイトをするとかチマチマやっていても仕方ないので、生活や将来に対する危機感が打破されることはないですし、勤務先を変えてしまわないといけないと危機感を覚えて就職試験を受けまくっていた(いる)わけです

アルバイト・転職のPTOT人材バンクや先輩に紹介してもらってアルバイトをしていました。

アルバイトを探していて痛烈に思ったこと・感じた事は…

今まで何でもお世話してくれていた恩師や教員人の対応が今までとは明らかに違う、という点でした。

私はここで、この業界と今の職場の危機感が膨らんでいったわけです。

つまり、どういうことかというと、
今まではアルバイトでも就職先でも講師や講演会の話でも、なんでも言えばすぐに何とでもなりましたし、手厚く歓迎されていました。

が、ここ数年はこのような事を感じる事は皆無となりました。

先輩や恩師、教員の方も自分の立場や地位を守るだけで精一杯となってきている、というのがヒシヒシと伝わってきたんです。
ですので、私はウダウダしている時間を勿体なく思い、就職活動、そして資格取得に向けて本格的に始動してきたわけです。
業界、厳しいって言いますけども、多分、本当に厳しいです。
排出されるPTOTの数が私の世代の20~30倍なんてありえない数字。。。。

そんなわけで、今日も色々競った琢磨している(つもり)の愚痴ブログでございました。
これで危機感をもってもらえる、何かの刺激になれば嬉しいです。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License