入学試験・国家試験・資格試験前の持ち物と注意点チェック - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

入学試験・国家試験・資格試験前の持ち物と注意点チェック


スポンサードリンク
毎年2月は医療系資格試験ラッシュ!
医療系でなくても、入試、資格試験や国家試験が多くラッシュです。

私もここ最近は色々と資格を受験して気がついたことや
資格試験に必要と思われる持ち物と注意点を挙げておきます。

それぞれ資格試験の合格発表は厚生労働省の資格試験ページをご覧ください。
スポンサードリンク
【持ち物チェックリスト】
受験票(写真添付が必要な場合はそれをチェック)

時計


身分証明書(受験票の写真で身分照明を兼ねる場合もあり)

鉛筆またはシャーペン数本(マークシート試験は必須)

鉛筆削りやシャーペンの替え芯

ボールペン(住所を書く場合等、必須の場合があります) 消しゴム

上履き・下履きを入れる袋

お金(多く持っていく。トラブル時にタクシー等を使う可能性がある)

昼食(お弁当、飲み物)

地図や路線図

ジャンバー、ひざ掛け等の防寒具

カイロ等(ひざ掛け等の使用が認められていない場合に使う)

参考書など

携帯電話
緊急時や携帯で勉強する場合に使用。カンニングがうるさく言われているので、ちゃんとマナーモードではなくて電源オフにする)

お守りや受験祈願

やる気!!!!!!!!!!
受験票はもちろん必須ですが、以外に皆さんが持っていっていないのは
時計です!!!!

試験会場が大学だったり、専門学校だったりする場合が多いですが、
大学だから、「時計はあるだろう~~~(`・ω・´)」なんて大きな間違いです。

試験会場に時計がない事は、非常に多いです。
実際、私が受けた理学療法士国家試験会場は、時計がありませんでした

【試験を受ける際のの注意点】

・前日は勉強しなくてもいいから、早く寝る。  今更やっても仕方ないです。体調万全で受ける方が間違いなく良い点が取れます。

・カンニングがうるさく言われている現状なので、携帯電話の操作をはじめ、紛らわしい行動はとらない事。

・必ず時計は持っていけ。携帯はアウト!

・焦りやすい人もあーだこーだ言ってても結果は変わらない。

 落ち着いて。それのがミスがなく、点数が上がります、間違いなく。
・午前や午後、数日に分けられて行われる試験で、終わった事は気にするな。  結果は変わらない。焦れば、後の試験に響くだけ。

・ライバルやムカつく先生を見返すつもりでやれ
完全に独断と偏見による事も書いていますが、以外にミスする方が多いですよ。

試験会場を間違えた、なんてありえないミスの方も何人もいらっしゃいました。

後は、全力を尽くすだけです。
頑張りましょう。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License