骨の微細構造と役割 緻密質と海綿質&ハバース管とフォルクマン管の違いを解説 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨の微細構造と役割 緻密質と海綿質&ハバース管とフォルクマン管の違いを解説

スポンサードリンク

最新の求人情報が30秒の簡単登録で無料で見られます。

 

骨の関節面を覆うのは何か?

骨の関節面は関節軟骨で覆われている

骨膜は、骨の表面で関節軟骨および筋の付着部を除き、知覚神経および血管に富む結合組織性の骨膜でおおわれ、骨端では関節包に移行する。

 

骨膜と骨はシャーピー線維により結合されている。骨膜は骨を保護し、骨の成長または再生にあずかる。

シャーピー線維は、骨の骨皮質(緻密骨)と骨膜との間を連結する膠原線維の束である。腱や靱帯の骨への付着部,椎間線維輪の椎体への付着部でもみられる。


image004

 

スポンサードリンク

骨の緻密質(緻密骨)と海綿質(海綿骨)の構造

骨質は表層を占める緻密質(緻密骨)と内部を占める海綿質(海綿骨)とからなる。

骨質(緻密質・海綿骨)は、骨細胞および基質(規則性をもって走る膠原線維とその間を満たすリン酸カルシウム、炭酸カルシウムなどの無機質)で構成されている。基質の構造的特徴から強固かつ弾力性をもつ骨質を作っている。

 

緻密質(緻密骨=皮質骨)

緻密質(緻密骨=皮質骨)における膠原線維は、同方向に走る骨層板と呼ばれる薄い同心円状の層板をつくる。

 

この層板の集合をハバース層板といい、層板の中央には血管の通路であるハバース管があるハバース管とほぼ直角に走るフォルクマン管により骨表面や髄腔あるいは他のハバース管と連絡している。

ハバース管とフォルクマン管この両者を合わせてオステオン(骨単位)という。

 

ハバース管はこれとほぼ直角に走るフォルクマン管により骨表面や骨髄腔あるいは他のハバース管と連絡している。ハバース層板の間にあり,同心円状をとらない層板構造を介在層板という。

緻密質における膠原線維は、同方向に走り骨層板と呼ばれる薄い同心円状の層板を作るが、相接する層板では膠原線維の方向は異なる。

image002

扁平骨では、内板/外板と呼ばれる緻密質の間に板間層と呼ばれる海綿質からなる。
短骨、混合骨では薄い緻密質で覆われた海綿質からなっている。

 

 

海綿質(海綿骨)の皮

海綿質(海綿骨)にはたくさんの空洞がみられ、その空洞には骨髄が入っている。網目状の空間を取り巻く糸状の骨があり、この骨を骨梁(骨小柱)という。

骨梁は外力の加わる方向に並んでいることが明らかにされている。本質的構造は緻密質と海綿質とで変わるものではない。



長骨では、骨幹は強固な緻密質から形成され、内部に髄腔が存在するが、骨端では薄い表層のみが緻密質で、ほかは海綿質からできている。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License