骨の発生の仕組み(軟骨性骨発生・膜性骨発生) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨の発生の仕組み(軟骨性骨発生・膜性骨発生)


スポンサードリンク
Ⅰ.軟骨性骨発生(置換骨,軟骨性骨)全身のほとんどの骨がこの様式で発生する

これを骨芽細胞が軟骨組織に置き換える。この様式でできた骨を、軟骨性骨または置換骨という。全身のほとんどの骨がこれに当てはまる。
image005

        (クリックで大きくなります)

スポンサードリンク

 

A.骨形成は軟骨の鋳型から起こる。
軟骨内部では,軟骨細胞の膨化・崩壊が起こる。 
       ↓

B.血管侵入とともに、骨芽細胞と破骨細胞の
作用により骨髄腔の形成,石灰化,骨組織の形成が起こる。(一次骨化点)
       ↓

C.やがて,骨端の軟骨内にも骨化点が現れる。 (二次骨化点)
       ↓

D.このようにして骨幹端,骨端軟骨,関節軟骨 を残すのみとなる。
       ↓

E.骨端軟骨が骨端線となるまで増殖・骨化を繰り返す。

 

Ⅱ.膜性骨発生(付加骨、結合組織性骨)
板状の頭蓋冠の骨(頭頂骨),鎖骨がこの様式で発生する。

骨の発生する部位の間葉(原始的な結合組織)の細胞が骨芽細胞に分化し,これが基質と膠原線維を分泌する。この基質に石灰化が起こり,硬い骨基質が形成される。この中に埋入した骨芽細胞は骨細胞になる。同じように形成された骨組織が相つらなって骨が形成される。

【膜内骨化と軟骨内骨化の違い】
軟骨性骨発生は間接骨化で,硝子軟骨中に骨化点ができ軟骨が骨に置換される。膜性骨発生は直接骨化で,骨膜内面に骨化点ができ直接的に骨がつくられる。

※骨は常に一部が破骨細胞にて壊し、骨芽細胞で作られている。これを骨改築といい、この骨改築によって骨は、カルシウムやリンを含み強度を高めるとともに、血液中のカルシウムやリンの量の調節をしている。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License