使いやすい杖・ステッキの長さと選び方 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

使いやすい杖・ステッキの長さと選び方

スポンサードリンク

脳梗塞・大腿骨頸部骨折など歩行が不安定となった患者さん、高齢者さんに 便利な介護福祉、装具など、今回は杖/ステッキの種類から説明します。

 

とはいっても、症状や状態、そして利用目的人それぞれなので
一概には言えませんが、軽くご説明したいと思います。

杖の種類も数多くあり、イスが付いた杖まであります。
・・・(,,゚Д゚)一度しか見たことありませんが。。

スポンサードリンク

長さと使う場所によって杖を選ぶ

①まず、杖を使う用途をハッキリさせます。

常に使う、時々使う、屋外で使う等です。

外で使うなら4点杖や3点杖は坂や砂利道などの不整地などでは、まっスクに付けないので不安定で転倒の恐れがあります。

3ポイントステッキも同様に危険です。

 

 



②次は見た目や実用性は?

派手な又は地味な杖が良い、安定性があるもの、カバンに入るものなど。

その他、グリップや杖先のゴム、杖先が3つや4つになっており、
安定するものまでありますが、一般的にはT字杖がメジャーでしょうね。
個人的にはT字ステッキを処方するなら、以前紹介した3ポイントステッキが一番!

 

これは比較的歩行能力が残存している方や屋外歩行に適しています。

参考:3ポイントステッキ(または4ポイント)は使いやすい 

外出時の坂道や階段時のみに使用する杖であれば、折りたたみ式ステッキが良いでしょう。 これも歩行能力が比較的良好な方がメインとなると思います。

 

脳卒中や骨折などで著しく歩行スピードが遅く、室内の訓練などで使用する事が 主な目的であれば、三点杖か四点杖が良いかと思います。

お使いになる予定の方の状態を教えていただければ、
できる範囲でお答えいたします!!!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License