頭蓋底(外頭蓋底・内頭蓋底)の解剖学 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

頭蓋底(外頭蓋底・内頭蓋底)の解剖学


スポンサードリンク

【頭蓋底について】
頭蓋底は内頭蓋底、外頭蓋底に区別される。
ないとうがいてい、がいとうがいてい、と読みます。

内頭蓋底とは、頭蓋腔の床の上面のことで、頭蓋底内面で脳をのせる深い窩をなしている。この窩はさらに前方より後方にかけて、前頭蓋窩、中頭蓋窩、後頭蓋窩の三つの窩に分けられるが、前部へいくほど階段状に高くなっている。

前頭蓋窩と中頭蓋窩との境界は蝶形骨小翼および前頭骨とによってなされる。前頭蓋窩は大脳の前頭葉を、中頭蓋窩は大脳の側頭葉を、後頭蓋窩は小脳半球延髄、橋をそれぞえいれる。後頭蓋窩の前中央部には蝶形骨鞍背後面より大後頭孔までつづく斜台がある。頭蓋底内面には蝶形骨小翼を除くほぼ全域にわたって、指圧痕、脳隆起、動脈孔、静脈溝などが認められるが、これらはそれぞれ大脳の脳回、脳溝、動脈、静脈に対応して形成されたものである。

外頭蓋底とは、下顎骨・舌骨を除く頭蓋の下面をいう。
その範囲は上顎骨の歯槽弓にはじまり、側頭下稜、頬骨弓の後端、乳様突起の内側、上項線、外後頭隆起に至る境界とする。外頭蓋底は全体とふくれ上がって凹凸に富み不整複雑な面である。
(以上、weblioより引用)

スポンサードリンク

【内頭蓋底の構造と構成】

・前頭蓋窩、中頭蓋窩、後頭蓋窩の3窩から出来る。各窩は階段状に位置し、そのうち前頭蓋窩が最も高く、中頭蓋窩がこれにつぎ、後頭蓋窩が最も低い。

前頭蓋窩
前頭骨眼窩部、篩骨篩板、蝶形骨小翼からなる。この窩の正中には盲孔、鶏冠があり、鶏冠の両側方を形成する篩板の上には鼻腔に通ずる多数の小孔が見られる。

中頭蓋窩
前頭蓋窩の後方にあり、蝶形骨、大翼と側頭骨鱗部、錐体からできる。この窩の正中部は、蝶形骨の上面にあたり、やや高くトルコ鞍があり、中央に下垂体窩がある。また外側面には頚動脈溝が認められる。頚動脈溝の後端には破裂孔が見られる。大・小両翼の間には上眼窩裂が認められ、大翼の領域に正円孔卵円孔棘孔が認められる。

後頭蓋窩
後頭骨および側頭骨錐体内後面からなり、後頭蓋窩の正中部にある大きな孔は大孔で、その前方には斜台、側方には頚静脈結節、後方には内後頭稜、内後頭隆起および横洞溝がある。

image001

A:前頭蓋窩

①篩骨篩板
篩骨は、鼻腔の天井をなしている骨で、前頭骨の篩骨切痕にはまって前頭蓋窩の中央部に位置する。篩板は、中央の水平位にある骨板で、嗅神経、前・後篩骨動脈および前・後篩骨神経を通る多数の小孔がある。篩板には嗅球がのり、正中には大脳鎌が付着する鶏冠が位置する。

B:中頭蓋窩(蝶形骨大翼)
①正円孔
短い水平の管で、前方に向かって翼口蓋窩に開き三叉神経第2枝(上顎神経)を通す。

②卵円孔
正円孔の後外側1~2㎝のところにある大きな孔で三叉神経第3枝(下顎神経)を通す。

③棘孔
中硬膜動脈および三叉神経第3枝(下顎神経)硬膜枝を通す小さな孔。

④上眼窩裂
上眼静脈、動眼・滑車・眼・外転神経の通路

⑤下眼窩裂
眼窩下動・静脈、下眼静脈、頬骨神経、眼窩下神経、(翼口蓋神経節の)眼窩枝の通路

⑥破裂孔
蝶形骨体および側頭骨錐体部との間にある不規則な裂孔

image003

C:後頭蓋窩(後頭骨)

①大後頭孔
大きな楕円形の孔。脊柱管と頭蓋腔とを交通し、延髄、椎骨動・静脈、副神経、脊髄動・静脈、椎骨静脈叢、第1頚神経が通る。

②頚静脈切痕
側頭骨の頚静脈切痕と合して頚静脈孔をつくる。

頚静脈孔の前内側方を通るもの;舌咽神経(Ⅸ)、迷走神経(Ⅹ)、副神経(Ⅵ)、下錐体静脈洞および後硬膜動脈(上行咽頭動脈から出る)、頚静脈孔外側方を通るもの

③舌下神経管
舌下神経および静脈叢が通る。後頭顆の前外側にあるやや大きな孔で、後頭顆の根部を内後側から前外側方に向かって骨を貫通する管となっている。

 

【外頭蓋の構造と構成】
外頭蓋窩:頭蓋底外面には、前・中・後の3部からなる。

image005

① 前部:上歯列弓によって囲まれた骨口蓋の部分である。上歯列弓の後端には翼状突起があり、その間に後鼻孔が開いている。翼状突起の外側には、側頭下窩および翼口蓋窩がある。

② 中部:骨口蓋の後縁から大孔の前縁に達し、蝶形骨、後頭骨底ならびに側頭骨の下面から形成される。中央部は後頭骨の底部にあたり、咽頭結節がある。 後頭骨底部の外側には、側頭骨の錐体、その尖端に破裂孔がある。錐体と蝶形骨大翼との間には蝶錐体裂がある。蝶錐体裂の前方には蝶形骨大翼の卵円孔、棘孔が認められる。錐体と後頭骨との間には錐体後頭裂があり、その後外側には頚静脈孔がある。また頚静脈孔の外側には頚静脈窩があり、錐体の下面には頚動脈管外口、茎状突起、茎乳突孔などがある。

③ 後部:大後頭孔の外側方および後方に広がる部分で、後頭骨の項平面、乳様突起の下面から出来ている。後頭顆、舌下神経管、顆窩、顆管、頚静脈突起が認められる。

内頭蓋底や外頭蓋底のそれぞれの穴(裂孔)を通る神経や動脈・静脈については
ここの記事のように文章にするとわかりにくいので、次の記事で総まとめします!

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License