腸骨の解剖学と特徴 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

腸骨の解剖学と特徴


スポンサードリンク

【寛骨(hip bone)とは】
寛骨は仙骨の両面に位置する扁平骨で腸骨、坐骨、恥骨から構成される。
しかし、この3つの骨は思春期まで軟骨によって結合されている。
骨盤は、左右1対の寛骨、仙骨、尾骨で構成される

【解剖学的名称 】
1.寛骨臼:寛骨外側面にある股関節の関節窩となる大きな陥没。

2.月状面:大腿骨頭と直接関節として接する馬蹄形の面。

3.寛骨臼窩:寛骨臼の中央底部にあり大腿骨頭とほとんど接する事はなく、著しく陥没
  し大腿骨頭靭帯が付着している。

4.寛骨臼切痕:寛骨臼窩の後方で骨盤の一部が欠け大腿骨頭靭帯、血管を通す。

スポンサードリンク

Skeletpelvis-pubis

1. 仙骨
2. 腸骨
3. 坐骨
4. 恥骨   2~4をあわせて寛骨
5. 恥骨結合
6. 寛骨臼
7. 閉鎖孔
8. 尾骨  赤線は骨盤縁(分界線)

 



A、腸骨 iliumの構造
腸骨体および腸骨翼に区別され、寛骨の上部を構成する。
1)腸骨体 寛骨臼の形成に関与し、寛骨臼の約1/2をしめる厚い部分

2)腸骨翼 内側(仙骨盤面)・外側(殿筋面)の2面、上下、前後の4面からなる。

a)仙骨盤面(内側面)
腸骨窩:腸骨の内側面前方で平滑でわずかに陥没している。
弓状線:体と翼の境界に一致して後上方から前下方に向かって下降する隆起
弓状線の前端は恥骨上縁に達し、大小骨盤の境界線の一部となる。
耳状面:腸骨窩の後方の粗な部分で仙骨と関節を構成する耳状の面。
腸骨粗面:耳状面の後上方にある粗面部。

b)殿筋面(外側面)
弓状に走る3本の線状隆起がある。
前殿筋線:中殿筋・小殿筋の起始
後殿筋線:中殿筋の起始
下殿筋線:小殿筋の起始

c)上縁
腸骨稜:S状に湾曲しわずかに厚くなっている。
外唇:腸骨稜の外側縁(外腹斜筋の停止)。
中間線:中間の高いところ(内腹斜筋の停止)。
内唇:腸骨稜の内側縁(腰方形筋・腹横筋の停止)。

d)前縁
上前腸骨棘:腸骨稜の前部で突出している鈍端(縫工筋・大腿筋膜張筋の起始)。
下前腸骨棘:上前腸骨棘の下方にある同様の小突起(大腿直筋の起始)。
腸恥隆起:下前腸骨棘の下方で腸骨体と恥骨の移行部。

e)後縁
上後腸骨棘:腸骨稜の後端。
下後腸骨棘:上後腸骨棘の下方の突端。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License