坐骨と恥骨の構造と解剖学 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

坐骨と恥骨の構造と解剖学


スポンサードリンク
【B、坐骨(ischium)の構造と解剖学】
坐骨体と坐骨枝に区別され、寛骨の後下部を構成し閉鎖孔を後下方から囲む。


1)坐骨体 寛骨臼を構成し後下部2/5を形成しており坐骨の上部を占める。

スポンサードリンク

2)坐骨枝 坐骨上枝と坐骨下枝からなる。

a)坐骨上枝:寛骨臼につづいた薄い部分。
坐骨棘:坐骨上枝の後縁上部の棘上の突起。
(仙骨靭帯が付着・上双子筋、尾骨筋の停止)

(クリックすると大きくなります)
Pelvis_diagram
大坐骨切痕:坐骨棘の上方で腸骨翼の下縁の弯入により形成される。

小坐骨切痕:坐骨棘と坐骨結節にあるわずかな弯入。

座骨結節:上枝と下枝との移行部にある後下方に向かう粗面上の隆起
(仙結節靭帯が付着、大内転筋・大腿二頭筋長頭・半健半膜様筋・大腿方形筋の起始)。


b)坐骨下枝:坐骨結節から斜めに前上内側方に進み、恥骨下枝と癒合し閉鎖孔を囲む。


【C、恥骨(pubis)の構造と解剖学】
恥骨体と恥骨枝に区別され、寛骨の前下部で閉鎖孔を前・上方で囲む。

1)恥骨体 寛骨臼の形成に関与し、前部1/3を占める。

2)恥骨枝 恥骨上枝と恥骨下枝で構成される。

a)恥骨上枝
恥骨結合:恥骨体から突出し、その左右内側端は軟骨結合により連結する。

恥骨櫛:恥骨上枝の上縁。

恥骨結節:内側端の粗面(鼠径靭帯が付着)

閉鎖溝:閉鎖膜の付着により閉鎖管をつくり、閉鎖動静脈・神経を通す。

b)恥骨下枝
恥骨上枝から下外側方に進んで、坐骨下枝と結合しこれにより閉鎖孔を囲む。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License