骨盤の男性と女性の性差について - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨盤の男性と女性の性差について


スポンサードリンク
Gray241Gray242
(左:男性の骨盤   右:女性の骨盤)

【骨盤の構成】

骨盤は、分界線によって、上方の大骨盤と下方の小骨盤とに分けられる。分界線は、岬角、腸骨の弓状線、恥骨櫛および恥骨結合の上縁から形成される。
スポンサードリンク
①大骨盤
腹腔の下部をなすもので、外側壁は腸骨翼、後壁は仙骨の上端および腰椎下部と腸骨稜との間に張る靱帯によって作られ、前方は開放している。

②小骨盤
大骨盤に比べはるかに完全な骨壁に囲まれていて、前壁は恥骨、外側壁は坐骨ならびに腸骨体、後壁は仙骨および尾骨から作られる。

③骨盤上口
骨盤に囲まれた小骨盤の内腔を骨盤腔といい、骨盤内蔵を入れる。その上口を骨盤上口という。

④骨盤下口
骨盤腔の下口を骨盤下口といい、坐骨結節、恥骨の下縁および尾骨の下端によって境されている。

骨盤
仙骨 横幅は狭く、長い 横幅は広く、短い
仙骨の前弯角度 全体として強度 全体として軽度
岬角 著しく突出 わずかに突出
恥骨下角 鋭角(小さい) 鈍角(大きい)
骨盤上口 横径は小さい 横径は大きい
骨盤下口 狭く、仙骨および恥骨がより前方に突出、両側の坐骨結節は接近する 広く、仙骨および坐骨がより後方に向き、両側の坐骨結節は遠ざかる
骨盤底 狭くかつ高く、下角にむかって漏斗状 広くかつ低く、円筒状
【仙骨とは】
仙骨は、5個の仙椎とこれに付属する肋骨片と人体が癒合したもので背柱中最大の骨に属し、骨盤の後壁となる。楔状を呈し、第5腰椎と関節する上方の部分は広く仙骨底といい、下方は狭く仙骨尖という。

①岬角
仙骨底(第五腰椎の中央部と両翼で椎体と関節をつくる仙骨上端)の前縁は著しく前方に突出している部位を岬角と呼ばれ、骨盤計測に際して1つの計測点となる。

【恥骨下角】
・骨盤の前壁で左・右両側の恥骨下枝が恥骨結合の下であわして作る角度。

・女性ではその角度が鈍であり恥骨弓と呼ばれる。
※女性では母指と示指とをいっぱいに広げたときの角度にほぼ等しい(約90°).男性では示指と中指とをいっぱいに広げたときの角度にほぼ等しい(約60°)

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License