患者・利用者の靴・シューズ選びは『あゆみ』か『快歩主義』シリーズだけで大丈夫 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

患者・利用者の靴・シューズ選びは『あゆみ』か『快歩主義』シリーズだけで大丈夫

スポンサードリンク

脳梗塞・大腿骨頸部骨折・そして多いのが胸腰椎圧迫骨折などが、高齢者の入院や入所では圧倒的に多いです。

疾患に関わらず、高齢となるとバランスが悪くなり歩行が不安定となってきます。

 

また、シューズ・靴を履こうとしてもヒモ靴は細かい作業ができないので脳梗塞の人などには不向き。さらに高次脳機能障害があれば、少し複雑なことは出来ない・・・・などの問題がでてきます。

とはいっても、症状や状態、そして利用目的人それぞれなので 一概には言えませんが、軽くご説明したいと思います。

スポンサードリンク

 

歩きやすいクツ・シューズ選びの失敗例

まずは、よくある失敗例。

よく「大きい方が履きやすい。」とか、「大は小を兼ねる。」 みたいな発想から、適正な靴の大きさよりも遥かに大きなサイズを 選ばれる患者さんやご家族さんが見られます。

これは大きな間違いで、大きいサイズにすることで転倒を招くので絶対にやめてください

 

健常人でもそうですよね。

ちょっと大きな靴を履いて歩くとつまずきませんか? つまり、歩行能力が低下した高齢者さんや患者さんは、 我々よりも更に転倒する危険が高くなります。

 

マジックテープ式で1つ止めれば良いタイプのものを選ぶ

基本的に私の場合は、これ一択です。

患者さん・利用者さん本人、または家族から何かしらの要望がない限り、これ以外に装具業者に注文することはありません。あとは、希望の色などで商品がない場合とかはありますけどね。

 

こちらは歩みシリーズ。定番ですから、カラーバリエーションもたくさんありますのでオススメです。患者さんや家族さんからも、施設だけじゃなくって、家での屋外用でも使えると口コミ・評判もバッチリです。

 

個人的にイチオシなのがこちら。マジックテープをつけるまたは外すという1つの動作で全面が全開になるのはすごく便利です。

室内履きが多いですが、浮腫・むくみがひどくて普通のクツでは入らない方にも使えるので特別使い勝手が良いです。

 

人によってはデザインを気にする方も見えますし、 外履きするのか、本皮がいいとかの好みもあります。

特に脳梗塞などで靴べら式装具を使っている方は、 その分他方を大きいサイズにする必要がありますので注意してください。

 

↓こちらのような片方でマジックテープを2つ(両方で4つ)取り外ししないといけないタイプは、個人的には利用者さんの使い勝手が悪いので選ばないです。

ただ、本人さんはそこまで気にしていないパターンが多いですけどね。特に上下肢ともに能力の高い方に関しては。

参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License