肝臓の解剖と構造 肝臓の位置と大きさ・重さ、左葉・右葉の要点 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

肝臓の解剖と構造 肝臓の位置と大きさ・重さ、左葉・右葉の要点


スポンサードリンク

肝臓は,人体の中で最大の腺で,重さは約1200~1500gの赤褐色をした臓器である。
男性が1000~1300グラム、女性が900~1100グラム程度が一般的で、体重の50分の1程度である。

 

肝臓の位置関係としては、横隔膜の直下で,やや右寄りに位置している。


肝臓の上面は横隔膜の下面に接しているため、肝臓は,呼吸運動に際して横隔膜に伴なって移動する。

肝臓の下面は内臓に接する面で,右葉は十二指腸の一部・右副腎・右腎臓・横行結腸などに接しており,左葉は食道・胃などに接している。


前からみると、斜辺を尾側(下方)に向け、直角部分を右上にした三角形、頭側(上方)の面は横隔膜の形なりに、ゆるやかな丸みをおび、右・上側腹壁に接する部分がもっとも厚く、左にゆくにしたがって薄く鋭くなる。



横隔膜と癒着している頭側背面の一部を除き、大部分、腹膜に覆われて光沢があり、血液を多く含んでいるので暗赤色をしている。

image001

スポンサードリンク

肝臓は、肝鎌状間膜(肝円索)を境に、右葉と左葉の2つに分かれている厚く大きい右葉と薄く小さい左葉に分けられることが一般的であるが、細かく言えば、更に方形葉と尾状葉という4つに分けられる。
比率としては、右葉:左葉=4:1 の大きさになる。



肝小葉は約0.7~2mm3のごく小さな六角柱ないし六角錐の形をし、たがいに幾何学的に密着している。

両葉の間には,方形葉尾状葉がある。

右葉の下面で右葉と方形葉との間に胆嚢がくっついている。

肝臓の下面には,中央やや左よりに肝門と呼ばれる出入口がある。
肝門には血管(固有肝動脈と門脈),リンパ管,肝管,神経が通っている。肝臓の後上面から
は,数本の肝静脈が出て下大静脈に注いでいる。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License