肝臓の機能と働き一覧 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

肝臓の機能と働き一覧


スポンサードリンク

肝臓の機能は多岐に渡り、その数芻百の役割があると言われています。

そのため、肝臓の機能低下によって引き起こされる症状も細かなところをあげれば、
非常に多くなりますが、ここではその中でも主要なものをあげてみます。

スポンサードリンク

【肝臓の機能と働き ①胆汁の分泌・生成】
胆汁は,肝細胞で生成され十二指腸へ排出される。1日500~1000ml程度。

胆汁には消化酵素は含まれないが、脂肪の消化・吸 収を初め,脂溶性ビタミン(A・D・E・K),鉄,カルシウムの吸収に欠かせない胆汁酸が含まれている。胆汁酸は,肝臓でコレステロールから作られる。

胆汁は黄赤色で,ビリルビン(胆赤素)によるものである。ビリルビンは,脾臓などで破壊された赤血球のヘモグロビンからつくられ,門脈によって肝臓に運ばれてきたものである。

 

【肝臓の機能と働き ②血糖の調整】
肝細胞と血液の接触により多彩な代謝活動が行われる。
グリコーゲンを合成・貯蔵・分解し、栄養素の貯蔵と加工(物質代謝)を担う。

肝臓に送られてきた栄養素を貯蔵したり,自分の体に適合した形に加工・再合成し,必要に応じて血行を介して全身に送る。

炭水化物(ブドウ糖)は,肝細胞でグリコーゲンの形で貯蔵し,血糖(ブドウ糖)に変える。蛋白質(アミノ酸)は,必要な形の蛋白質に再合成する。脂肪(グリセリン,脂肪小球)は,一部は貯蔵し,大部分は血中に入り、グルコースとして全身の脂肪組織に送る。

 

【肝臓の機能と働き  ③尿素の合成/解毒作用】
老廃物や体内から取り込まれた様々な有害物質を,分解・抱合などにより無毒化して胆汁や尿とともに排泄する。不要なアミノ酸を分解し、尿素を合成する。

また,アルコールの代謝も肝細胞で行われる。アルコールは酵素の働きによって,まずアセトアルデヒドになり,次に酢酸になって,最終的には炭酸ガスと水まで分解される。

 

【肝臓の機能と働き ④生体防御作用】
生体防御に必要な免疫グロブリンなどをつくる。
また,類洞には大食細胞(クッパ-細胞)が常在しており,類洞内を流れる血液の濾過・清浄を行っている。

 

【肝臓の機能と働き ⑤血液凝固作用物質の産生】
プロトピンやフィブリノーゲンなどの血液凝固に重要な役割を果たす物質の大部分を産生する。

 

【肝臓の機能と働き ⑥造血・血液量の調節】
血液を貯蔵し,必要に応じて放出する役割をもっている。また,赤血球を作る上で大切な鉄の貯蔵や抗貧血因子のビタミンB12の貯蔵も行っている。逆に,寿命のきた古い赤血球を破壊し,鉄を貯蔵し,ビリルビンを作り排泄する。この他に,各種のビタミン貯蔵や体温保持など,肝臓は様々な大切な役割を担っている。

 

【肝臓の機能と働き ⑦ヘパリンの産生と中性脂肪合成】

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License