骨格筋と筋線維の構造と特徴(I帯とA帯を中心に解説) - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

骨格筋と筋線維の構造と特徴(I帯とA帯を中心に解説)


スポンサードリンク

2.骨格筋の構造
筋 ― 筋束 ― 筋線維 ― 筋原線維 ― 筋フィラメント(アクチンとミオシン)


骨格筋、心筋は多数の横紋筋線維からなる。
線維の表面は細胞膜に覆われており、内部には長軸方向に筋原線維が並び、その間を核、筋形質、筋小胞体、糸粒体などが満たしている。


骨格筋は直径50~100μmの多数の横紋筋線維が集まったもので、筋の両端は結合線維組織の腱となって骨に付着し、筋の両端の近位側を起始部、遠位側を停止または付着部という。
筋線維は、直径1~2μmの筋原線維が集合したもので、筋線維の長さは様々である。

スポンサードリンク

筋原線維はさらに太いのと細いのとの2種類の筋フィラメントから成り立っている(図3-1)。各フィラメントは長い鎖状蛋白質分子の束であるり、太いフィラメントはミオシンという蛋白質からなり、細いフィラメントはアクチンという蛋白質からなり、細いフィラメントにはアクチンの他にトロポニン、トロポミオシンという蛋白質がついている。


筋線維を顕微鏡でみると明暗の横縞がみえる。
横紋筋とよばれるのはこのためで、明帯をI帯暗帯をA帯ともいう。

image001

この明暗は筋原線維でも同様に認められる。
A帯の中央部にはやや明るい部分があり、H帯とよばれる。I帯の中央部にはZ膜(隔壁)とよばれる仕切りがあり、横行小管がある。Z膜から隣りのZ膜までを筋節(サルコメア)といい約2μmの長さである。

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License