要介護認定の基準が大幅に修正 介護保険制度 - +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+

要介護認定の基準が大幅に修正 介護保険制度


スポンサードリンク

介護保険サービスをどれだけ受けられるかを決める 「要介護認定」 の基準が、大幅に修正されることになった。基準は4月に改定された。が、必要なサービスを受けられない人が増え、厚生労働省は見直すことを決めた。修正により、4月の改定で抑えられたサービス利用が以前のレベルまで戻る見通しだ。10月からの実施を目指す。

4月改定の影響を調べるため、厚労省が全国1489自治体の4月、5月の要介護認定の状況について調査。新基準で認定を受けた約28万人のうち、介護の必要なしとして「非該当」と認定され、介護サービスを受けられない人の割合は2.4%で、前年同期(0.9%)の2倍以上だ。

非該当と、軽度(要支援1.2、要介護1)と認定された人を合わせた割合は全体の53.6%と、前年同期より4.1ポイント増えた。中・重度(要介護2~5)の人が、基準改定後は軽く判定される傾向がうかがえる。

修正案は、調査項目の74項目のうち43項目を修正する。例えば、座った状態をどれだけ保てるかで身体状態をチェックするが、旧基準は「10分程度」だったが、新基準は「1分程度」に短縮。修正案では「10分程度」に戻す。

要介護度が軽くなると、受けられるサービスが減る。例えば、要介護3が2になると30分以上1時間未満の訪問介護の利用が、半分程度に減る計算だ。
修正案でシミュレーションしたところ、ほぼ4月改定前の状況に戻ったという。

「軽く判定される」という批判を受け、4月の基準改定後、以前からの利用者に対しては、従来の要介護度にできる経過措置が取られた。しかし、新規に要介護認定を受ける人はその対象外。10月以降の更新時期まで、利用できるサービスは現在のままだ。

旧基準は、利用者の身体状況を調べる担当者の主観に左右されやすいと指摘されたことから、厚労省は改定を検討。改定前に、内容を自治体に示したところ、「軽く判定され、介護サービスを使えなくなる人が出る」と懸念の声があがった。ケアマネジャーらは改定延期を求めたが、4月改定を前提に自治体が担当者の研修や介護保険のシステム切り替えを進めていたため、予定通り実施された。

基準を再び見直すにあたって自治体は、改めて担当者の研修をしなければならない。半年たらずの間に基準が2度変わることになり、現場での混乱が予想される。

厚労省はこれまで、「基準改定の影響で要介護度が軽くなる」という指摘に否定的だった。しかし、今回の調査結果を受けて、今後、利用者が必要なサービスを受けられるよう大幅な修正を決めた。

朝日新聞の記事なんですけど、これ、やる前からわかってただろ?
・・・って思うのは私だけでしょうか?

お役人さんは頭がいいので、やることはあくどい 端的なんですが、、
現状を分かったやり方ではないことが殆どだと思うんですよね。。
スポンサードリンク
更に問題は、一次判定前の調査員!#

なんであんなに適当なの?馬鹿じゃないの?と思います。
身体レベルも分からない人材が判定してることは当たり前。

何を聞いても「はい」かうなずくだけの、認知症バリバリの人に
「あれできますか?これできますね?」で判定するのも当たり前。

基準に従って判定していないのも当たり前。

地域によって介護度がバッラバラなのも当たり前。


ほんとに認定調査員もお国もどうかしています、と思います。
利用者の不利益と、現場が混乱とクレームを受けるだけのくだらない処置。
業務が回らない、なんて言い訳している方もいましたが、
末端は更に回っておりませんし、結局戻すわけだからもう一回
末端はドタバタしなきゃいかんってことですか?

・・・いや、ですよね。。。。_l ̄|●il||li

スポンサードリンク

コメント
非公開コメント


にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへブログ王へ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © +医療従事者と患者の広場+ ~看護師や作業/理学療法士etcの国家試験/解答速報、病気/怪我の治し方まで+ All Rights Reserved.
当ブログの広告・免責事項について Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License